test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

箱根駅伝常勝軍団へ変革したチームづくり

今年、箱根駅伝2連覇を達成した、
青山学院大学陸上部 原晋監督の講演の一部をご紹介する。

28年もの間、箱根駅伝の出場を果たせなかった青山学院大学陸上競技部。

2004年に原晋監督が就任して以来、
5年目で予選会を突破、
11年目で初優勝を果たし、
今年、2連覇を達成した。

原監督が就任当時、青山学院大学は、
28年間箱根駅伝には縁がなかった弱小チーム。

原さんは、監督就任前、優勝に向けた10年計画を大学に提出した。

「5年間で意識改革を行い、5年目で箱根駅伝のシード校となり、10年目に優勝」

そんなチームの再建は、基礎固めからスタートした。

チームの基礎をつくるために、
まず学生たちに、次の3つの行動指針を熱く語りかけた。

1、感動を人からもらうのではなく、感動を与えることのできる人間になろう。
2、今日のことは今日やろう。明日はまた明日やるべきことがある。
3、人間の能力に大きな差はない。あるとすれば熱意の差だ。

あらゆる場で、周知徹底した。

そして、10年計画で、強いチームづくりに着手した。
強いチームとは、トップ(監督)にかかわらず勝ち続けるチームである。

そのために、
メンバーやチームの成長に合わせて、
トップの指導スキルやスタンスを変化させてきた。

【1~4年目】トップからメンバーへのティーチング中心。

新入部員には、「核」となる部分を徹底して教えることが大切である。

長距離走の核となるのは、規則正しい生活。
睡眠不足や不規則な食生活では、パフォーマンスを発揮できない。

チームづくりの最初の段階では、上位下達の指示によって、
チーム全体は、ある程度の成長はできる。

【4~8年目】トップと各リーダーの関係が生まれて少しづつ組織化。

キャプテン、副キャプテンを任命し、
各責任者が部員をまとめる責任体制を明確にした時期。

リーダーには自覚や考える力が生まれる。

しかし、トップの方針が必ずしも全員に伝わらない。横のつながりが希薄になる、といったデメリットも出たという。

【8~12年目】トップがリーダーにキーワードを与えるコーチング。

チームの哲学が定着し、監督からキーワードを投げかけるコーチング要素の強い時期。

部員たちは、縦横の関係を築き、考えるようになった時期でもある。

監督は、「人としてどうあるべきか」というチームの哲学を伝え、
改めて、原点回帰をしなければならない。

行動指針は、常に口酸っぱく言い続けた。
哲学は、言い続けるほど貯金に変わるという。

青山学院大学の箱根駅伝優勝は、奇跡ではない。

会社の組織づくりと共通する組織強化のノウハウが
チーム強化に十分生かされてきていると感じた。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました