社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

仮説立案力養成研修

問題解決スピードを上げて生産性向上!

仮説を立案する力を強化するための考え方、スキルを習得します。ビジネスの現場において、早い段階で情報収集の焦点が絞り込むことができ、問題解決のスピードが速くなり、仕事の生産性を高めることができます。

研修対象管理者、中堅
日数1日(6時間)/2日コースあり
人数4名~

プログラム

1.仮説とは

  • 仮説とは
  • 2つの仮説
    【演習】解決策を打ち出す
  • 仮説を考えるメリット

2.よい仮説をたてるには

  • よい仮説とは
  • よい仮説を立てるための前提
    【演習】なせ仮説を見誤るのか

3.仮説をたてる手順

  • 知識を広げ、耕しておく
  • 起きた現象に法則を当てはめる
  • 仮説をたてる
    【演習】ケーススタディ

4.創造的な仮説を考える 

  • 常識を疑う
    【演習】極端な仮定の質問
  • 新しい情報と組み合わせる
    【演習】ランダムに抽出して結びつける
    【演習】成功と失敗を組み合わせる
  • 発想を止めない
    【演習】だから何が言えるのか

5.仮説の検証 

  • 仮説検証の程度を見極める
  • 仮説検証の枠組みを考える
    【演習】情報を集めて分析する
  • 仮説を肉付け・再構築する
    【演習】肉付けした仮説の検証

6.まとめ

  • これからの行動にどう活かしていくか

 実際の講義のようすがわかる! 

ねらい


変化が激しい昨今のビジネス環境においては、完璧を期したとしても、完成したころには市場環境が大きく変わっており、「完璧だったはずの答え」は、役に立たなくなることがあります。

ビジネスパーソンは、早い段階で仮説を立て、それが正しいかどうかをスピーディーに検証し、間違いに気づいたらすぐに軌道修正し、改めて別の仮説を立てるという仮説思考を持つことが求められます。

この研修では、仮説を立案する力を強化するための考え方、スキルを習得します。

ビジネスの現場において、早い段階で情報収集の焦点が絞り込むことができ、問題解決のスピードが速くなり、仕事の生産性を高めることができます。

期待する成果


  • ビジネスのおける仮説を考えるメリットと必要性が再認識できます。
  • よい仮説をたてるための前提となる思考を理解して、意識変革ができます。
  • 仮説をたてるための具体的な手順がわかり、現場ですぐに実践することができます。
  • 仮説検証を繰り返して、より創造的な仮説をたてるためのノウハウを習得できます。
  • 状況に応じて意思決定を行い、行動しながら仮説を再構築して微調整するコツを習得できます。

特徴

  • ケーススタディを考えながら、「行動しながら仮説検証を繰り返し、PDCAを回すことで成果を最大化する」ことを体得して、現場での実行力を高めます。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    問題解決社員研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました