社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

アイデア発想力強化研修

創造性を甦らせる極意と有効なツール

アイデアを出すための基本的な考え方や手法をお伝えしたうえで、アイデア出しを体感していただきます。アイデアを出すためのプロセスや必要な視点を理解した上で、情報収集のポイントと効果的なアイデア発想法を習得します。

研修対象管理者、中堅、若手
日数1日(6時間)/2日コースあり
人数4名~

プログラム

1.どうすればアイデアが生まれるか

  • アイデアとは何か
  • アイデア発想の4つの極意
    【演習】ゼムクリップの使い道

2.情報を収集する

  • どうすれば必要な情報が入ってくるか
  • 情報を集める5つのコツ
    ①カラーバス
    ②七色インコ
    ③インタビュー
    ④コンテクストマップ
    ⑤ビジネスモデルキャンパス
    【演習】色を浴びる(カラーバス)
    【演習】なりきる(七色インコ)
    【演習】ビジネスモデル検討(ビジネスモデルキャンパス)

3.自由発想

  • ブレーンストーミング
  • ブレーンライティング
  • アイデアしりとり
  • マンダラート
  • マインドマップ
    【演習】宴会ゲーム(ブレーンライティング/アイデアしりとり)
    【演習】目標の達成(マンダラ-ト)
    【演習】ビジネスアイデアを考える(マインドマップ)

4.強制発想

  • チェックリスト法 
  • シックスハット法 
  • マトリックス法
  • TRIZ(智慧カード)
    【演習】親睦会を盛り上げる方法(シックスハット法)
    【演習】ビジネスアイデアを考える(智慧カード)

5.収束発想

  • セブンクロス法 
  • KJ法
    【演習】親睦会を盛り上げる方法(セブンクロス法)
    【演習】ワクワクするビジネスを見つける(KJ法)

6.まとめ

  • これからの行動にどう活かしていくか

ねらい

ビジネスシーンにおいては、新たな商品・サービスの開発や業務改善策の立案など、さまざまな場面でアイデアを出すことが求められます。

アイデアを創出するための原理原則は2つ。第一に、アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせであるということです。第二に、アイデアを生む力は要素の関連性を見つけ出す能力によって高めることができるということです。

この研修では、アイデアを出すための基本的な考え方や手法をお伝えしたうえで、アイデア出しを体感していただきます。

アイデアを出すためのプロセスや必要な視点を理解した上で、情報収集のポイントと効果的なアイデア発想法を習得します。

期待する成果


  • アイデアを出すための基本的な考え方や発想法を習得することができます。
  • アイデア創出を妨げている要因を知り、効果的なアイデア発想ができるようになります。
  • 効果的なアイデアを生み出すために、発散⇒収束のプロセスに沿った発想の仕方を学びます。
  • 新たな思考パターンを身につけ思考の枠組みを広げることができます。
  • 環境分析や市場分析を行うために、普段からのアンテナの立て方を学びます。

特徴


  • ​演習を通じて、さまざまなアイデア発想法に取り組みます。
  • 発想法の正しい使い方を知ることで、発想力を飛躍的に高めることができます。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    発想力社員研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました