社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

OODAループ研修

迅速に判断してすぐ動くための技術

米軍の意思決定理論である「OODAループ」をビジネスに応用し、組織の業績向上に活かせるように指導します。変化に強いOODAループの考え方に照らし合わせ、組織とリーダーのあり方について理解して、活用できるようになることを目指します。

研修対象管理者、リーダー、中堅
日数1日(6時間)/2日コースあり
人数4名~

プログラム


1.OODAループとは

  • ダイバーシティとはOODAループの歴史
  • OODAループの4つのフェーズ
    ①Observe(観察)
    ➁Orient(状況判断)
    ③Decide(意思決定)
    ④Act(行動)
  • OODAループとPDCAサイクルの違い
    【演習】ラグビー日本代表

2.フェーズ1:Observe(観察)

  • 観察力を高める5つの目
  • 三現主義の重要性
  • 環境分析
    【演習】ケーススタディ

3.フェーズ2:Orient(状況判断)

  • 直観的判断力の必要性
  • 仮説思考力を鍛える
  • アブダクション思考を駆使する
    【演習】競合ブランドへの買い替え
  • フェルミ推定
    【演習】家電量販店で年間どれくらい家電を売るか
    【演習】ケーススタディ

4.フェーズ3:Decide(意思決定)

  • 決断をためらわない
    【演習】ケーススタディ

5.フェーズ4:Act(行動)
OODAプロセスを高速で回す
  【演習】ケーススタディ

6.まとめ
明日からの行動を変えるアクションプラン作成

 実際の講義のようすがわかる! 

ねらい

昨今の厳しい環境変化においては、計画通りの遂行や目標達成が困難な状況に陥りがちです。

そのような現状を打開し、確実に成果を上げるためには、今までの仕事のやり方を見直し、新たな組織のあり方を追求する必要があります。

この研修では、米軍の意思決定理論である「OODAループ」をビジネスに応用し、組織の業績向上に活かせるように指導します。変化に強いOODAループの考え方に照らし合わせ、組織とリーダーのあり方について理解して、活用できるようになることを目指します。

期待する成果

  • 組織の目的を達成するために最適なOODAループの4つのプロセスを理解できます。
  • 確実に業績を上げられる、臨機応変な組織についての理解を深めることができます。
  • リーダーとしてどのように振る舞うべきかを考え、現場で実践できます。
  • OODAループを高速で繰り返しながら、素早く適切な決断を下す能力が高めることができます。
  • 変化に対して臨機応変な対応が可能になり、現場の問題解決能力が向上します。

特徴

  • 理想の組織のあり方をふまえて、リーダーはどのように行動するべきかをケースとワークを通じて考え、実践できるように指導します。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    マネジメント社員研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました