定年後の働き方、生き方を考える
生涯現役キャリアプラン

なぜ「生涯現役」の必要があるのか、社会的要請・会社の必要性・自分の生計面から理解を深めます。「生涯現役」でいるためには何が必要か、その条件は何かを理解します。自己の将来像を描いて、目標を実現するための具体的なアクションプランを立てます。

研修対象40~50代社員
日数

1日(6時間)10:00~17:00

人数

4名~

プログラム

1.「生涯現役」を目指して 

  • 自分を取り巻く環境変化
    -企業を取り巻くの環境変化
    -少子高齢化、労働力人口減少、社会保障と財政
    -会社としての必要性、勝ち抜きの条件等
    -個人が必要な生活費の確保
  • なぜ「生涯現役」なのか
    -自律的なキャリア開発の必要性
  • 生涯現役でいるために必要なこと
    -必要な3つの要素:①健康、②自立、③活動

2.自己の現状把握

  • CMAチェックリストによる自己能力の分折
    -自己の行動特性の検証(自己管理、対人関係管理、業務管理)

  ※CMA:competency Model for Advanced Age   

 【演習】CMAチェックリスト

  • 自己の現状
    -強みと弱み、意欲、人間力の検証
    -自己キャリアの整理

 【演習】自己の現状把握

3.生涯現役に必要なこと

  • 自己を「必要人材化」するには
    -その場しのぎの能力開発、目己能力の錯覚等
  • 強みの明確化が必要な理由
    -工キスパートとしての能力のプラッシユアップ
  • マインドチェンジの必要性
    -必要人材化の3つの視点

4.新たなキャリア設計

  • 「生涯現役」のためのアクションプラン作成
    -新たなキャリア目標設定と行動計画策定

 【演習】生涯現役のための目標と行動計画(個人分析とグループワーク)
  -フィードバックで実現性を高める

5.これからの私

  • 作成した目標と行動計画をコミットメントする
講義テキスト サンプル

実際に講義で使用しているテキストの一部をご紹介します。

ねらい


この研修では、なぜ「生涯現役」の必要があるのか、社会的要請・会社の必要性・自分の生計面から理解を深めます。

「生涯現役」でいるためには何が必要か、その条件は何かを理解します。

また、自己の現状を把握して強みや弱みを理解し、ブラッシュアップすべき専門能力を見極めることで、必要な人材となるためのマインドチェンジを促進します。

その上で、自己の将来像を描いて、目標を実現するための具体的なアクションプランを立てます。

期待する成果


  • 自分がいま置かれている客観的な状況を理解し、どう対処する必要があるかを考えられるようになります。
  • 今後の会社生活やその後への備えとして、何が必要かを把握できます。
  • 役に立ち人材として磨くべき専門スキルは何かを明確に意識できるようになります。

特徴


  • 自己分析に基づいたグループ討議により、いまから自分がどうするべきかを明確にして。すぐに行動に移せるようになります。

講師紹介


 

大野創造経営支援研究所
代表
(イントランス トレーナー)

大野 敏夫 Toshio Oono

詳細はこちら


起業支援、新事業進出支援、事業継承、など幅広い分野での研修を担当する一方で、人事管理コンサルティングやフランチャイズチェーン研修、管理者研修の講師として活躍している。豊富な経験をベースにした、分かりやすく、熱意のある指導が好評である。

 公開講座のお知らせ

業務をコントロールして時間を生み出す!
「タイムマネジネメント」

終了しました
日時:5月22日(水)
         18:30~20:30
会場:㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室
講師:竹村 孝宏

40%コスト削減を目指す「低コストプロジェクト」​ 

修了しました
日時:6月7日(水)
         10:00~17:00
会場:Learning Square
   新橋

講師:竹村 孝宏

怒りをコントロールしてうまく対処するスキル!
「アンガーマネジメントの基礎」

終了しました
日時:9月11日(水)
         18:30~20:30
会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏

創造性を甦らせる4つの極意と9つのツール
「アイデア発想力の強化」

受付中
日時:9月25日(水)
         18:30~20:30

会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏