社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

中国での仕事のやり方研修

中国赴任前に学んでおくべき大切なこと

海外赴任前に、海外拠点で起こりうる様々な場面を想定したケーススタディを解決することで、異文化の中でのマネジメント力を養成し、現地法人でマネジメントができる管理者を育成します。

研修対象管理者、中堅
日数1日(6時間)/2日コースあり
人数4名~

プログラム

1.マネージャーの役割

  • マネージャーに求められる3つの役割
  • 日本と中国の違い
    【演習】ケーススタディ

2.組織マネジメント

  • 組織マネジメントの2つの本質
  • 日本での組織マネジメント    
  • 中国で工夫すべきポイント
    【演習】ケーススタディ

3.リスクマネジメント

  • リスクマネジメントのポイント
  • 日本でのリスクマネジメント
  • 中国で工夫すべきポイント

4.役割貢献分析

【演習】リスクへの対処法

5.まとめ

講義テキスト サンプル

ねらい


若手、中堅社員でも赴任後は、即責任者としての職務に就くことが必要となり、中国でのマネジメント力が要求されます。また、リスク回避のための日常の取り組みや中国特有のリスク事例を知っておく必要があります。

海外拠点で起こりうる様々な場面を想定したケーススタディを解決することで、異文化の中でのマネジメント力を養成し、現地法人でマネジメントができる管理者を育成します。

期待する成果


  • 自らが管理者として組織の中でどのような役割を担うのかを明確にします。
  • 日本と中国での管理者に求められることの違いを理解します。
  • 日本人と中国人で組織を動かす場合に重要となるポイントを学びます。
  • メンバーの指導・育成における日本と中国とで、人を使うことに対する考え方の違いや現地社員への指導・育成の際の留意点を学びます。
  • 業務の中で起こりうる具体的なリスクへの対応やリスク回避につながる日常の取り組みを学びます。

特徴


  • ​中国では、日本と異なる人材育成手法が必要であることをケーススタディを通じて学びます。
  • リスク対応計画表を作成しながら、実践的なリスクマネジメントスキルを習得できます。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    マネジメント社員研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました