test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

課題発掘力強化研修

現状を分析して目的や課題を明確化する

現状に満足せず「未来に向けた次の一手」を考えて実践するために、課題発掘力を高めるための思考とスキルを身につけることを目指します。

研修対象管理者、中堅
日数1日(6時間)/2日コースあり
人数4名~

プログラム

1.VUCAの時代

  • VUCAの時代に起きること
    【演習】あるメーカーのクレーム対応

2.課題発掘力とは

  • 問題とは
    -発生型
    -設定型
    -潜在型
  • 課題発掘力とは
    【演習】問題に気づく

3.問題発見の3ステップ

  • ステップ1:あるべき姿を構想する
    【演習】あるべき姿を考える
  • ステップ2:現状からあるべき姿を捉える
    【演習】現状を整理する
  • ステップ3:あるべき姿と現状のギャップ
    【演習】あるべき姿と現状のギャップ

4.課題発掘力を高める方法1~ヒヤリング力

  • 5W2Hを意識する
  • クローズドクエスチョンとオープンクエスチョン
    【演習】クローズド・オープンクエスチョンの使い分け

5.課題発掘力を高める方法2~ゼロベース思考

  • 隠れた前提を疑う
  • 論点をおさえる
  • 物事の全体像やつながりをおさえる
    【演習】ケーススタディ

6.課題発掘力を高める方法3~クリティカルシンキング

  • MECE
  • ロジックツリー
    -Whyツリー:原因追求して真因を追求する
    -Howツリー:課題設定から解決策を見出す
    【演習】ケーススタディ

7.まとめ

  • これからの行動にどう活かしていくか

 実際の講義のようすがわかる! 

ねらい


課題発掘力とは「現状を分析し目的や課題を明らかにする力」です。

変化が激しく人々の価値観やニーズが多様化した現代において、企業が継続的に発展していくためには、現状に満足せず、「現状よりさらに改善できることはないか」と新たな課題を見つけ出す社員一人ひとりの行動が大切になります。

この研修では、現状に満足せず「未来に向けた次の一手」を考えて実践するために、課題発掘力を高めるための思考とスキルを身につけることを目指します。

期待する成果


  • 問題とは何かを知り、問題を発見して解決すべき課題として認識できるようになります。
  • 相手のニーズや不満・悩みを把握するためのヒヤリング力を高めることができます。
  • あるべき姿をゼロベースで考えて、構想するためのスキルを習得できます。
  • 自分の主観や先入観にとらわれず、問題の本質を分析するための視点を持つことができます。
  • 現状分析から仮説をつくり、仮説検証のサイクルを回すことができるようになります。

特徴

  • ケーススタディを考えながら、現場で「現状に満足せず、今よりもっと良くできないか」と言う意識で、課題を見つけ出す能力を高めます。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    問題解決社員研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました