生き残るために必要なBCMの基本を学ぶ
事業継続マネジメント(BCM)

事業継続の危機的状況のなかで、企業が生き残るために必要な「事業継続計画(BCP)」作成方法の基本と本質、「事業継続マネジメン(BCM)」の手法を理解し、実践できるようになります。

研修対象管理者、BCP作成担当者
日数1日(6時間)10:00~17:00/2日コースあり
人数4名~

プログラム


1.事業継続(BC)とは

  • 事業継続を脅かすリスク
  • 事業継続(BC)とは

【演習】グループワーク

2.事業継続計画(BCP)と事業継続マネジメント(BCM)

  • BCP:事業継続の行動計画
  • BCM:事業継続のPDCA

3.BCP作成プロセス

  • 基本方針策定:目的、適用範囲、基本方針など
  • 推進体制構築
  • 重要製品・業務の選定
  • 目標復旧時間(RTO)の設定
  • リスクの洗い出しと評価

【演習】グループワーク

4.BCM実践

  • 事業継続のPDCAを継続的に回す

【演習】ケーススタディ

5.まとめ

ねらい

大規模な地震・津波などの自然災害、新型インフルエンザ、テロ攻撃といった想定外の緊急事態が起こったとき、事業継続が困難になる場合があります。

単なる防災計画だけでは、サプライチェーン破綻や風聞といったリスクへの対応には限界があります。企業活動を継続するためには、日頃からどのような準備をしておくべきか、を考えておく必要があります。

想定されるリスクを優先順位付けして、発生したときにどうするかを考えるリスクマネジメント(危機管理)と異なり、「事業継続計画(BCP)」は、まず優先的に考えるべき重要な業務を「ビジネス影響度分析」によって決めた上で、業務再開の「目標復旧時間」を決めて被害を想定します。

この研修では、「事業継続計画(BCP)」作成方法の基本と本質、「事業継続マネジメント(BCM)」手法を理解し、実践できるようになることを目指します。

期待する成果


  • 事業継続の危機的状況への対応として、「BCP」と「BCM」の重要性が理解できます。
  • 実践的な「BCP」作成の基本を習得できます。
  • 事業継続計画に基づくマネジメント方法「BCP」を実践することができます。
  • 実務を担うミドルマネージャーのレベルアップを図ることができます。

特徴


  • ケーススタディ演習により、職場で事業継続計画(BCP)作成・見直しができるように、指導します。

 公開講座のお知らせ

業務をコントロールして時間を生み出す!
「タイムマネジネメント」

終了しました
日時:5月22日(水)
         18:30~20:30
会場:㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室
講師:竹村 孝宏

40%コスト削減を目指す「低コストプロジェクト」​ 

修了しました
日時:6月7日(水)
         10:00~17:00
会場:Learning Square
   新橋

講師:竹村 孝宏

怒りをコントロールしてうまく対処するスキル!
「アンガーマネジメントの基礎」

終了しました
日時:9月11日(水)
         18:30~20:30
会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏

創造性を甦らせる4つの極意と9つのツール
「アイデア発想力の強化」

受付中
日時:9月25日(水)
         18:30~20:30

会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏