社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

事業継続マネジメント(BCM)研修

生き残るために必要なBCMの基本を学ぶ

事業継続の危機的状況のなかで、企業が生き残るために必要な「事業継続計画(BCP)」作成方法の基本と本質、「事業継続マネジメン(BCM)」の手法を理解し、実践できるようになります。

研修対象管理者、BCP作成担当者
日数1日(6時間)/2日コースあり
人数4名~

プログラム


1.事業継続(BC)とは

  • 事業継続を脅かすリスク
  • 事業継続(BC)とは
    【演習】ケーススタディ

2.事業継続計画(BCP)と事業継続マネジメント(BCM)

  • BCP:事業継続の行動計画
  • BCM:事業継続のPDCA

3.BCP作成プロセス

  • 基本方針策定:目的、適用範囲、基本方針など
  • 推進体制構築
  • 重要製品・業務の選定
  • 目標復旧時間(RTO)の設定
  • リスクの洗い出しと評価
    【演習】ケーススタディ

4.BCM実践

  • 事業継続のPDCAを継続的に回す
    【演習】ケーススタディ

5.まとめ

 実際の講義のようすがわかる! 

ねらい

大規模な地震・津波などの自然災害、新型インフルエンザ、テロ攻撃といった想定外の緊急事態が起こったとき、事業継続が困難になる場合があります。

単なる防災計画だけでは、サプライチェーン破綻や風聞といったリスクへの対応には限界があります。企業活動を継続するためには、日頃からどのような準備をしておくべきか、を考えておく必要があります。

想定されるリスクを優先順位付けして、発生したときにどうするかを考えるリスクマネジメント(危機管理)と異なり、「事業継続計画(BCP)」は、まず優先的に考えるべき重要な業務を「ビジネス影響度分析」によって決めた上で、業務再開の「目標復旧時間」を決めて被害を想定します。

この研修では、「事業継続計画(BCP)」作成方法の基本と本質、「事業継続マネジメント(BCM)」手法を理解し、実践できるようになることを目指します。

期待する成果

  • 事業継続の危機的状況への対応として、「BCP」と「BCM」の重要性が理解できます。
  • 実践的な「BCP」作成の基本を習得できます。
  • 事業継続計画に基づくマネジメント方法「BCP」を実践することができます。
  • 実務を担うミドルマネージャーのレベルアップを図ることができます。

特徴


  • ケーススタディ演習により、職場で事業継続計画(BCP)作成・見直しができるように、指導します。

今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    マネジメント社員研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました