社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

ダイバーシティ・マネジメント研修

人材の多様化を受容して活かす

ダイバーシティとは、グローバル化、少子高齢化などによる人材の多様化に対して、人種や国籍、性別や年齢等を問わずに積極的に活用しようとする考え方です。人材を活かして、その能力が最大限発揮できる機会を提供することにより、イノベーションを生み出して価値創造につなげます。

研修対象管理者、リーダー
日数1日(6時間)/2日コースあり
人数4名~

プログラム


1.ダイバーシティとは

  • ダイバーシティとは
    -多様性の受容
  • 個々の違いとは
    -表層的多様性と深層的多様性
  • ダイバーシティ経営の推進-ダイバーシティ経営のメリット
    -企業が取る行動…抵抗-同化-分離-統合

2.これまでのマネジメントの振り返り

【演習】具体的な体験の共有
-相手から聞いた話をグループで共有
  -聞いているメンバーはフィ-ドバック

3.マネジメント上の課題整理

【演習】マネジメント上で困っていることを整理
  -グループで内容を共有
-悩みを3つに分類して整理する

4.アイデアを出し合う

  • 各自の課題に対してアイデアを出し合う

【演習】各自の課題に対してアイデアを出し合い共有
  -優先順位が高いものから順番にアイデア出し
  -どのような取り組みができるか?
  -どんなことを試してみたいか?

  • モチベーションの多様化…ヒント①
  • 働き方への制約…ヒント②
  • バックグラウンドが異なるメンバーとの
  • かかわり…ヒント③
  • アイデアをブラシュアップ

【演習】アイデアのブラシュアップ

5.自身の取り組みの設定

  • 職場での自分自身の取り組みをコミットメント

【演習】自身の取組みの設定、発表
  -今後、自部門で取り組みたいことをワークシートに記入

 実際の講義のようすがわかる! 

ねらい



ダイバーシティとは、グローバル化、少子高齢化などを背景とした人材の多様化に対して、人種や国籍、性別や年齢等の有無を問わずに積極的に活用しようという考え方です。

多様な人材の能力が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出して価値創造につなげ、会社の競争力を高めていくことが必要となってきています。

この研修では、管理者やリーダーがダイバーシティに必要な知識を確認し、自らのマネジメントを振り返り、多様な価値観や性格、ワークスタイルを持つ個々の力を活かしきるための具体的な取り組みについて考えます。

人材の多様化を受容し活かすことができるリーダーシップを醸成します。

期待する成果


  • ダイバーシティ対応の必要性と意義を理解し、自らが当事者意識を持つことができます。
  • 自分自身のこれまでのかかわり方の特徴を知り、新たな視点を手に入れることができます。
  • 自他の「価値観」の違いを知り、受容して活かし合えるコミュニケーションのとり方がわかります。
  • 人材の多様性を受容してリードする姿勢とスキルが習得できます。
  • チームが活性化し協働し合えるようなメンバーへの働きかけ方がわかります。

特徴

  • ワークショップ形式で行うことで、対話を通じてマネジメント上の悩みを共有し、お互いにアイデアを出し合うことができます。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    マネジメント社員研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました