社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

新任部長研修

管理者から部門経営者への意識改革

自部門を取り巻く環境の変化と自らに求められる役割を認識したうえで、「組織・業務・カネ・人」のマネジメントスキルを身につけることを目指します。視野を拡大し、自らが次世代に向けて組織をけん引するという意識とそれを具体的な行動に転換できるようにします。

研修対象上級管理者(部長・次長)
日数1日(6時間)/2日・3日コースあり
※フォローアップ研修あり
人数4名~

プログラム

1.時代の構造的変化を理解する

  • 時代はどのように変化してきたか
    【演習】時代の変化にどう対応するか(グループ討議)

2.部門経営者として果たすべき責任・役割

  • 部長に求められる役割
  • 部長としての真価が問われる活動
    【演習】部長に求められる役割(課長との違い)

3.業務のマネジメント

  • ビジョンや戦略に基づく部門目標の設定
  • 業務プロセスの設計
  • 経営資源配分
    【演習】自部門の目標設定

4.人材マネジメント

  • 人材の管理~課長の育成
  • 働きやすい職場づくり
    【演習】指導者の育成のためになすべきこと

5.リスクマネジメント

  • コンプライアンス意識の醸成
  • 予想されるリスクの洗い出し
  • 事故発生時の備え
    【演習】リスク相関図の作成とリスク対策

6.労務管理の基本

  • 会社業績を左右する労務管理
  • 労務管理に関するトピックス
  • 自部門の残業管理

7.まとめと決意表明、行動指針作成


【フォローアップ研修】

1.振り返り

  • 行動指針に基づく振り返り

2.変革のリーダーシップ

  • 変革をやり切るリーダーシップ
  • 人と組織を惹きつける人間力とは
    【演習】ケーススタディ

 実際の講義のようすがわかる! 

ねらい


部長職とは、課長職の延長線上ではなく、部門の最終的な意思決定者および責任者、すなわち「部門の経営者」です。

すなわち、部門経営者として、人・モノ・金の経営資源をうまく使い、組織の業績達成と中長期的な戦略を推進することが求められているのです。

この研修では、自部門を取り巻く環境の変化と自らに求められる役割を認識したうえで、「組織・業務・カネ・人」のマネジメントスキルを身につけることを目指します。

視野を拡大し、自らが次世代に向けて組織をけん引するという意識とそれを具体的な行動に転換できるようになっていただくことを狙いとしています。

期待する成果


  • 部門目標を設定し、メンバーに共有して牽引する手法を身につけます。
  • 組織として最大成果を出すための業務マネジメント、意思決定スキルを習得します。
  • 予算統制の手法と予算達成に向けた業務改善を推進できるようになります。
  • 人員育成、職場づくり、労務管理のスキルを身につけることができます。​

特徴


  • 実践的な演習を多く盛り込み、研修内容を現場ですぐに応用できます。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    社員研修階層別研修
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました