決算書から経営分析するスキルを学ぶ
数字で読む会社業績

会計の基礎知識や貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の基本的な見方とチェックポイントを理解します。同時に、財務の収益性、生産性、安全性、成長性、など、様々な視点からの実践的な経営分析手法を習得します。

研修対象管理者、中堅社員、若手社員
日数

1日(6時間)10:00~17:00/2日コースあり

人数

4名~

プログラム


1.決算書とは何か          

  • 決算処理と決算書

2.決算書の読み方          

  • 損益計算書の読み方

【演習】貸借対照表のチェックポイント

  • 貸借対照表の読み方

【演習】損益計算書のチェックポイント

  • キャッシュフロー計算書

 【演習】キャッシュフロー分析

3.経営分析の基本

  • 収益性分析
      ROA、ROE、売上高総利益率 等
  • 生産性分析
      一人当り売上高、一人当り営業利益 等
  • 安全性分析
      自己資本比率、流動比率 等
  • 成長性分析
      売上高伸び率、総資産増加率 等
  • 効率性分析
      総資産回転率、売上債権回転率 等

【演習】経営分析

4.経営分析演習

  • モデル企業の経営分析

【演習】経営分析と改善計画

講義テキスト サンプル

実際に講義で使用しているテキストの一部をご紹介します。

ねらい


管理職は、部門の経営者として、自社の経営状況を知り、ライバル企業の経営分析を踏まえて戦略立案することが不可欠です。

また、取引先の与信管理をおこなう担当者や若手、中堅社員が利益やコストに対する意識を高める上で、企業会計の基礎知識を修得することは有効です。

この研修では、会計の基礎知識や貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の基本的な見方とチェックポイントを理解します。

同時に、財務の収益性、生産性、安全性、成長性、など、様々な視点からの実践的な経営分析手法を習得します。

期待する成果


  • ​​会社の活動状況を表わす決算書の基本的な構造を理解し、実態を数字から見る目を養うことができます。
  • 経営分析により、自社、取引先会社、ライバル会社、仕入先会社の成長性、収益性、安定性、資金繰りなどの会社の実力を把握するスキルが身につきます。
  • 決算書から有用な情報を引き出し、その情報を元にどのような行動を取るべきなのかを知ることができます。

特徴


  • 財務三表とその関係性をわかりやすく解説します。

  • 具体的な事例に基づいて、指標インデックスによる経営分析を行い、モデル会社の経営実態を明らかにします。

  • グループ討議により、モデル企業をさまざまな角度から経営分析し、会社の実態に対応したアクションを検討します。

 公開講座のお知らせ

業務をコントロールして時間を生み出す!
「タイムマネジネメント」

終了しました
日時:5月22日(水)
         18:30~20:30
会場:㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室
講師:竹村 孝宏

40%コスト削減を目指す「低コストプロジェクト」​ 

修了しました
日時:6月7日(水)
         10:00~17:00
会場:Learning Square
   新橋

講師:竹村 孝宏

怒りをコントロールしてうまく対処するスキル!
「アンガーマネジメントの基礎」

終了しました
日時:9月11日(水)
         18:30~20:30
会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏

創造性を甦らせる4つの極意と9つのツール
「アイデア発想力の強化」

受付中
日時:9月25日(水)
         18:30~20:30

会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏