10ステップでチームパフォーマンスを最大化
チームプロジェクトの進め方

企業や部署を横断して集められたチームメンバーに対して、プロジェクトの規模や質に応じた効率的なプロジェクトマネジメントを行なうための活動ステップを理解し、リーダーとしてプロジェクト推進ができるようになります。

研修対象管理者、中堅社員、若手社員
日数1日(6時間)10:00~17:00/2日コースあり
人数8名~

プログラム


1. プロジェクトの必要性

  • プロジェクトとは何か

【演習】プロジェクトがうまくいかない理由

  • なぜプロジェクトが必要か

【演習】運動会の運営準備

2. プロジェクトの構想

  • チームのつくり方
  • 目標設定…STEP1

【演習】展示会出展プロジェクトの目標
【演習】関係者を把握する

3. プロジェクト計画作成

  • 作業を分解する~WBS作成…STEP2

【演習】WBSの作成

  • 役割を分担する…STEP3

【演習】WBSの作成

  • 作業のネットワーク化…STEP4
  • スケジュール作成…STEP5

 【演習】作業のネットワーク化~ガントチャート作成

  • 負荷をならす…STEP6
  • 予算をつくる…STEP7
  • リスクに備える…STEP8

【演習】リスクマネジメント計画表作成

4.プロジェクトの運営と完了

  • プロジェクト進捗コントロール…STEP9
  • 完成プロジェクトの評価…STEP10
講義テキスト サンプル

実際に講義で使用しているテキストの一部をご紹介します。

お電話でのお問合せはこちら  受付時間:10:00~18:00(月~土)

03-6904-2227

ねらい


変化の激しいビジネス環境の中で、企業では、顧客からの要請、新規事業や新商品の開発・販売、トラブル・問題解決のためにプロジェクトチームを活用することが増えてきています。

ビジネス課題が、一部門内だけでは処理できないほど複雑化してきているともいえます。

企業や部署を横断して集められたチームメンバーに対して、プロジェクトの規模や質に応じた効率的なプロジェクトマネジメントを行なうための活動ステップを理解し、リーダーとしてプロジェクト推進ができるようになります。

期待する成果


  • プロジェクト活動の基本10ステップと各ステップでのアウトプット方法がわかり、さまざまなプロジェクト運営ができるようになります。
  • プロジェクトチームの各メンバーの役割を理解することによって、自らがリーダーまたはメンバーとして、チームを単なる人の集まりからハイパフォーマンス・チームへと活性化させるコツを習得することができます。

  • 現状分析からテーマを設定し、そのテーマに基づくプロジェクト企画書を作成できるようになります。

特徴


  • ​プロジェクト企画書をチームで作成することで、プロジェクト活動ステップを理解し、チーム活動の実践力を強化することができます。
  • ハイパフォーマンスを発揮しているチームには、どのような特徴があるかを事例研究から導き出します。

 公開講座のお知らせ

業務をコントロールして時間を生み出す!
「タイムマネジネメント」

終了しました
日時:5月22日(水)
         18:30~20:30
会場:㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室
講師:竹村 孝宏

40%コスト削減を目指す「低コストプロジェクト」​ 

修了しました
日時:6月7日(水)
         10:00~17:00
会場:Learning Square
   新橋

講師:竹村 孝宏

怒りをコントロールしてうまく対処するスキル!
「アンガーマネジメントの基礎」

終了しました
日時:9月11日(水)
         18:30~20:30
会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏

創造性を甦らせる4つの極意と9つのツール
「アイデア発想力の強化」

受付中
日時:9月25日(水)
         18:30~20:30

会場:
㈱ベネフィット・ワン
研修室 941 号室

講師:竹村 孝宏