社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

実践コーチング研修[10回]

部下のパフォーマンスを高める!

コーチングの3つの手法(傾聴・質問・フィードバック・リクエスト)を、身につけると共に、自職場で自らリーダーシップを発揮し、部下を育成することができるように指導します。

研修対象管理者、リーダー、中堅
日数2時間✕10回 ※実施回数はご相談させていただきます。
人数4名~

プログラム

第1回:コーチングとは/コーチングの心構え

  • コーチングの定義と役割
  • ティーチングとコーチング
  • コーチングの4つのスキル

第2回:4つのスキルの使い方

  • 傾聴:場づくり、うなづき・あいづち、ペーシング、オウム返し、要約
  • 質問:クローズド・オープンクエスチョン、視点を変える
  • フィードバック:認める・ほめる、叱る・注意する
  • リクエスト:相手に新しい視点を提供して行動を促す

第3回:コーチングのプロセス

  • 信頼関係構築
  • ゴール設定
  • 現状の把握
  • ギャップの分析
  • 行動の決定
  • フォローアップ

第4回:現状把握

  • チームビジョン、チーム・メンバーの目標設定
  • 現状の問題点、部下との関係性を整理
    【ワーク0】自己認知と他者認知

第5回:自分の目指す姿を描く

【ワーク1】自分があこがれるリーダーの姿を思い浮かべる
-その人のどのような点がリーダーとしてあこがれるのか

【ワーク2】自分の挙げた要素を分類する
-要素を行動、能力、意識に分類したときに偏りがあるか

第6回:自分を知る

【ワーク3】自分の原体験を振り返る
   -大切にしたい自分の価値観を言葉にする

【ワーク4】自らの行動プロセスを評価する
   -意識して行動できているか、相手に動いてもらえているか

第7回:目的・目標を共有する

【ワーク5】目標の意義を問い直す
   -チームの目標が会社の事業全体とどのように結びつくか

【ワーク6】メンバーの共感を引き出す
   -メンバーが目標に共感できるように伝えているか

第8回:計画を立てる

【ワーク7】メンバーに仕事を任せるときの考え方
   -メンバーに仕事を任せるメリット、デメリット
   -エンパワーメントのポイント

【ワーク8】計画に必要な要素と判断のやり方
   -計画立案時に満たすべき具体的要素

第9回:実行する

【ワーク9】実行段階でのまかせ方
   -メンバーに執行責任を自覚させてリーダーがフォロー

[ワーク10】不測の事態への対応
   -結果責任を自覚、問題を把握して改善策を検討する

第10回:振り返る

【ワーク11】振り返り
   -振り返りの習慣を持つ

【ワーク12】効果的なフィードバック
   -メンバーの仕事ぶりの評価、より良い行動への支援

 実際の講義のようすがわかる! 

ねらい

多くの企業にとって、社員を戦力化して組織貢献につながるパフォーマンスを引き出すことは重要な課題となっています。

現場の管理者・リーダーは、部下の主体性、成長意欲を引き出す力が求められています。

コーチングは、上司とのコミュニケーションを通じて、部下に「気づき」を与え、考えと行動を引き出す部下育成のためのスキルです。

この研修では、コーチングの3つの手法(傾聴・質問・フィードバック・リクエスト)を、身につけると共に、自職場で自らリーダーシップを発揮し、部下を育成することができるように指導します。

期待する成果


  • 「傾聴」「質問」「フィードバック」「リクエスト」の4つのコーチングスキルを習得できます。
  • 部下の目標を明確にして計画、実行するコーチングのアプローチ方法を身につけ、部下の成長と自主性を促進することができます。
  • 各受講者が自職場に適応したリーダーシップを開発することができます。

特徴


  • 1~3回 :コーチングの基本スキルを習得します。
  • 4~10回:各受講者が、自らのリーダー像を描き、コーチングスキルを使いながら、職場でリーダーシップを発揮し、部下育成を実践できるように指導します。
今すぐ研修資料を請求する

    お問い合わせ内容をご選択ください
    (複数選択可)*


    研修名

    貴社名*

    ご住所*

    所属部署名*

    氏名*

    電話番号*

    メールアドレス*

    お問い合わせ内容・備考

    責任者プロフィール
    竹村孝宏

    中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
    ㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
    「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

    社員研修部下育成
    イントランスHRMソリューションズ
    タイトルとURLをコピーしました