社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

ストレス管理を生活に組み込む

「脳を最適化する」(アルバロ・フェルナンデス著)において、

「脳を健康な状態に保つには、
ストレスを管理する方法を生活の中に組み込むことが大切である」

と紹介されている。

慢性的なストレスは、
神経細胞を殺すだけでなく、神経細胞の新生を遅くするという。

普段の生活の中での主なストレス解消法を3つ紹介したい。

1.エクササイズ

有酸素エクササイズは、神経細胞の新生と神経細胞間の結合を促すことができる。
身体エクササイズをやることが、ストレスに対抗する強力なツールになる。

2.ユーモアと笑い

心地良い笑いは、ストレス緩和に有効である。

ある研究では、健康的な大人の女性のストレスは、
旅行ビデオを見るよりも、お笑いビデオを見ることによって減少する、
という報告がある。

3.リラクセーション

瞑想、太極拳、ヨガ、散歩などを通してリラックスすると、
血圧が下がり、呼吸や代謝がゆっくりになり、筋肉の緊張がほぐれていく。

ストレスや感情を効果的に扱うために、「瞑想」は有効なトレーニングである。

何も考えない意識に近づく瞑想、
特定の対象に焦点をあてる瞑想、
今、この瞬間のみを意識するマインドフルネス瞑想、
精神的な儀式に没頭するスピリチュアル瞑想、
ヨガやウォーキングなどの行動する瞑想、・・・

瞑想技術全般に通じている基本は、
深くてゆっくりした呼吸に意識を集中させることである。

呼吸をコントロールすることで、強い興奮や激しい反応など、
ストレスによる身体的な変化の緩和に役立つ。

慢性的なストレスは、神経細胞に悪い影響を与える。
ストレスをコントロールし、脳を健康な状態に保つ習慣をぜひ取り入れたい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました