社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

本番に強い自分をつくる

本番に強い人と弱い人の違いは、どこにあるのだろうか。

本番に強い人は、緊張することがあっても適切に対処する。

いつも通り、動じない状態でいることができる。
ときには、緊張によって潜在能力が引き出され、すごい力を発揮する。

本番に弱い人は、緊張に対処できずに緊張にのみ込まれてしまう。

「落ち着こう」と自分に言い聞かせながら、
ますます心臓がバクバクしてしまうという状態になってしまうのである。

たとえば、戦場の兵士と緊張の関係は象徴的である。

生死にかかわる緊張状態から来る精神疲労は「戦場ストレス」と呼ばれ、

イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の2割が、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)を起こしたといわれる。

兵士たちはみな訓練を受け、同じ状況にあったにもかかわらず、
PTSDになる人とそうでない人は、どのような違いがあったのだろうか。

その分かれ目は、ミッションに対する同意であるといわれる。
どの兵士にも「自分の国を守るために命をかける」というミッションがあるはず。
でも兵士たちからすれば、その必然性を納得できない状況もある。
「なぜ自分はここへ来て、この任務につく必要があるのか」と。
ミッションに納得できなければ、精神的な問題につながってしまう。

同じ緊張状態を経験しても、

それをポジティブなものにできるか、ネガティブなままで終わってしまうかは、
本人のとらえ方が大きく影響してくるのである。

一つひとつの仕事には、組織から個人に任されるミッションがある。

与えられたミッションに納得して取り組んでいるか、
言いかえれば、「自分の人生の目標」に一致しているかがとても大切である。

一致していれば、自分の人生を主体的に生きるようになる。

緊張を乗り超えることもできるし、
どんなときでも動じることなく、自信をもって力を発揮していけるようになる。
もし大事な場面で思った以上に緊張してしまっても、
そのときにふさわしい方法をチョイスして、動じない状態に戻ることもできる。

どんな大事な場面でも、

本来自分が持っている力を十二分に発揮できるようになるのである。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました