test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

挨拶は相手の存在を認めること

挨拶は、単なる社交的、儀礼的な言葉ではない。
相手の存在を認めることである。

挨拶があるからこそ、

円滑にコミュニケーションを始めることができ、
良好な人間関係を築くことができる。

挨拶は、相手の存在を認めていることを積極的に伝えることである。

人は誰でも、自分の存在を自分で認め、

他人からも認められたい気持ち(承認欲求)を持っている。

朝や帰宅前など、あいさつを交わすタイミングに挨拶されないと、

自分が相手から軽くみられているような感じたり、
存在を無視されているように感じてしまうことがある。

こうした感情が蓄積されると、

相手に嫌悪感を抱くようになり、職場で安心して仕事ができなくなる。
そして、ちょっとしたことでイライラして不満が爆発したり、
やる気が出なくなったりして、自分が本来持っている力を発揮できなくなる。

朝、出社したら、「おはよう」と挨拶をする

帰社するときは、「おつかれさま」「失礼します」「さようなら」…
挨拶をするたびに、相手の存在を認めていることになる。
挨拶に重要な情報が含まれているわけではない。
でも心をつなぐ機能がある。
あいさつは、職場の中で、
あなたの存在を尊重し、認めていることを表現する言葉であり、
協力して共に働こうと思える安心感や信頼感をつくりだすツールである。

いつどんなときも、挨拶だけは不可欠。

元気がないときや疲れているときも、挨拶だけは続けよう。
職場だけでなく、家庭でもずっと続けたい習慣である。
社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました