社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

できるリーダーが注意すること

リーダーの責務は、「メンバーの内発的動機を高めること」と理屈ではわかっていても、なかなか実践できないものである。

リーダーが無能ということではなく、「切れ者」だから、部下を動機づけるコミュニケーションができない例が少なくない。

自分の能力に自信があるリーダーほど、メンバーを軽視する傾向がある。

何でも自分でしようと焦る。
意のままにならないメンバーに腹を立て,メンバーに当たり散らす。
あげくの果ては、メンバーと衝突して、チームが機能不全に陥ることさえある。

一方で、能力に自信のあるリーダーは,人材育成をおっくうがる傾向もある。

時間をかけてメンバーの能力向上を図るより、自分でやってしまったほうが早くて効率的にできる。
そう思い込んでいるのである。

大切なのは、「リーダーの役割」の自覚である。

リーダーが、自分で何でもこなすことではない。
リーダーの役割は、メンバーのモチベーションを高め、能力を引き出して,チーム全体の総合力を高めること。

自分の仕事能力に自信がある人ほど、この原点を忘れないようにする必要がある。 

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました