社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

目標達成の報酬を多様に

目標を達成したときの報酬は、賃金だけにしてはいけない。

仕事で期待通りに成果を上げた結果として、昇給したとかインセンティブが支給されたされたいうことはもちろんやる気につながる。

しかし、そのようなやる気は短期間しか持たない。

持続的な効果を持つモチベーションアップの方法を考えたい。

若手のモチベーションは報酬よりもっと大切なものとつながっている。
それは有能感であり、貢献感である。

仕事で成果を上げて、周囲から褒められることで、
「やればできる」と思えることが、
次の仕事への意欲につながるのである。

自分自身が成果をあげた結果として、
組織が目標を達成できた、
顧客から喜ばれた、
上司、同僚をサポートできた、
ということを認識できると、自分自身の存在価値が確認でき、意欲が高まる。

上司は、良い仕事をしたメンバーに対して、このような有能感や貢献感を演出できるような褒め方や査定評価のフィードバックを工夫したい。

次に担当する仕事は本人の希望をかなえる、
本人の裁量権限を広げる、
仕事の目標レベルを少し高くする、
など。

良い成果を上げた報酬は、仕事で返したい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました