test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

PDCAサイクルの周期を短くする

ビジネスパーソンが、仕事の成果を高めるには、
仕事の質を上げる必要がある。

今までと同じやり方を続けていても、同じ結果しか得ることができない。
効率をあげない限り、成果ががあがることはない。

皆さんは、仕事の質を高めるために、
仕事のやり方を改善する努力ができているだろうか。

仕事の質を高めるために有効な手段が、PDCAサイクルである。

PDCAサイクルとは、

計画(Plan):目標を設定し、それを達成するための行動計画をつくる
実行(Do):計画に沿って行動する
評価(Check):計画と行動した結果を比較し、検証・評価をおこなう
改善(Action):分析により、発見された改善すべき点を是正する

の循環である。

PDCAサイクルの周期が短ければ短いほど、価値や精度が高くなる。

企業が資金計画を立てるとき、
年1回の本決算データだけで経営状況を評価し、改善策を考えていたのでは、
1年に1回しかPDCAサイクルを回せない。

上場企業では、すでに四半期決算が義務づけられ、
実質的には、月次決算が必要不可欠となっている。

PDCAサイクルを短くすることで、
経営上の問題点を素早く発見して、対策を立てることができるのである。

また、最新の経営情報を反映して、
事業戦略の精度を高めることにも大いに役立つ。

ビジネスパーソンの仕事も同じ。

計画を立てて実行し、結果を振り返り、問題点を見つけて改善していく。
このサイクルを短い周期で繰り返していくことで、
業務の質を高めていくことができる。

仕事の進め方を変えない限り、成果が向上することはない。

PDCAサイクルの周期を短くすることを意識して、
仕事の質を高める努力をしていきたい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました