社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

パワーナップ(昼寝)を活用しよう

パワーナップとは、15~20分程度の昼寝のことで、

「パワーアップ」と「ナップ(昼寝)」を組み合わせた造語である。

パワーナップをとることで集中力や記憶力がアップする。

そのメカニズムのポイントは、

1.サーカセディアンリズム

2.レム睡眠・ノンレム睡眠

の2つである。

1.サーカセミディアンリズム

サーカディアンリズムとは、

人間の身体に備わっている体内時計みたいなもの。

24時間周期にセットされており、寝るべき時間に眠気がやって来る。

サーカディアンリズムに加えて、

12時間周期のサーカセミディアンリズムと呼ばれるものがある。

これは昼食後の午後2~4時あたりに眠気が来る。

パワーナップは、このタイミングで睡眠をとることで、

一度脳をリセットしようという試みである。

2.レム睡眠・ノンレム睡眠

簡単に言えば、

レム睡眠は「身体を休ませる睡眠」、

ノンレム睡眠は「脳を休ませる睡眠」、

である。

人は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しながら、睡眠を続ける。

ノンレム睡眠は比較的浅い睡眠なので、

ノンレム睡眠のときの方がスッキリ起きることができる。

パワーナップは、ノンレム睡眠の中でも軽い睡眠の段階で起きる手法。

「脳を回復させること」が目的なのでレム睡眠まで行かなくてもよい。

時間で言えば、大体15~20分くらいである。

パワーナップ導入のメリットを3つご紹介する。

1.脳が活性化して集中力や記憶力がアップする

パワーナップを導入することで、

午後からも集中力や記憶力を高く保つことができる。

脳が活性化しているので、クリエイティブな能力も向上する。

2、ストレスを軽減できる

疲労したまま脳を使い続けるとストレスが溜まっていく。

成果も思うように上がらないので、さらなるストレス源になる。

パワーナップを導入することで、

ストレスを軽減でき、精神的な健康にも有効である。

3.病気の予防になる

睡眠による効果として、高血圧予防ができると言われている。

その日の仕事を効率的に進められるだけでなく、

人生も健康に過ごせるメリットがある。

パワーナップのやり方は次の通りである。

基本は午後1時~3時くらいに15~20分ほどの睡眠をとるだけ。

1.できれば姿勢はヨコで、ムリならデスクに顔を伏せる

2.寝る前にコーヒー(カフェイン飲料)を飲む

3.スケジュールに組み込んで同じ時間、同じ環境で実行する

4.起きた後は軽いストレッチと顔を洗う

パワーナップは、すぐにできることであり効果的なものである。

うまく活用すれば、午後からもスッキリした頭で仕事ができる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました