test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

ポジティブに考え、強みを活かす

意思決定をするときに大切なのは、

「ポジティブに考える」
「自分の強みを活かす」

ということである。

1.ポジティブに考える

追い詰められた状況のなかでも、「前向きに考える」ということである。

厳しい状況の立たされたとき、
悲観的になってしまう人は、プレッシャに負けてしまう。

今、自分がここにいるのは、自分の選んだ道である。

「自分で選んだ道でよかった」
と自分自身を信じること。

そして、人生において、何ともならないことはない。

「とりあえず、何とかなる」
と考えることだ。

2.自分の強みを活かす

私たちは、常に自分や自分たちのビジネスの強みを活かすことを考えたい。

アメリカ経営学者ピーター・F・ドラッカーは、
著書「経営者の条件」の中で、次のように述べている。

その人の強み、仕事の仕方や価値観が、
組織とその仕事に合ったとき、
組織に大きな貢献をもたらす。

弱みによって事を成すことはできない。
強みによって、事を成すことができるのである。

どんな勝負も、自分の強みを活かせる土俵に持ち込まないといけない。

弱みを気にしていたら負けてしまう。

どんな場面になっても、いつも、
ポジティブな自信を持ち、自分の強みをしっかり出して、
堂々と振る舞えるようにしたいものだ。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました