test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

決断力を高める二択思考

ものごとが決められないので、つい誰かに相談してしまう…

選択に迷って時間がかかってしまう…

決断力がないために貴重なタイミングを逃してしまい、

後悔した経験をもつ人も多いのではないだろうか。

決断力を高めるためには「二択で考える」方法が有効である。

人は、朝起きてから夜眠るまで、数百から数千もの選択を繰り返す。
まず目が覚めて、起きるかもう少し眠るか…
起きる選択をすると次は顔を洗うか、その前にトイレに行くか…
朝食の選択、衣服の選択…
という選択の連続である。

人は、選択肢が2つの場合にはどちらかを選ぶことができても、

選択肢が3つになった途端に選べなくなってしまうもの。

決断するための最大の秘訣は、まず選択肢を2つに整理することにある。

どんな選択でも選択肢を2つに絞ってしまおうとするのが「二択思考」である。

二択思考の本質は、「良い」「悪い」ではなく「好き」か「嫌い」か。

両方とも好きな場合は、どちらがより好きかという選択になる。

どちらが好きかということを決める基準は、

初めは、なんとなくという感覚的なものであっても、

決断を繰り返していくと「好み」が形成されていく。

好みが形成されると、選択の基準が明確になり、より決断力が高まる。

仕事では「好き」か「嫌い」かで、すぐに選択できないことも出てくる。

そういうときには「諦める」か「諦めない」かと考えてみる。

例えば、
仕事で失敗をして、自信をなくしてしまっているのであれば、

このまま「諦める」のか、「諦めない」のかという選択をする。

諦めるのであれば、早く諦めて次の展開に進む。

諦めないのであれば、次の一歩を踏み出す。

「ちょっと考えよう」

と決断を保留してしまうと、その間は前に進むことができない。

「諦めない」を選んだならば、

次は「今まで通りやる」のか「方法を変える」のかという二択である。

方法を変えなければ、また失敗する可能性が高いので、

「方法を変える」ことを選択することになるだろう。

すると次は、「どう変えるのか」である。

常に2つの選択肢を設定して、「好き」な方を選べばよいのである。

今よりも成長したい、よりよくなりたい…
と思う人は多いはず。

それも突きつめていえば、

「好き」「嫌い」の観点で選んでいることと同じであるといえる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました