test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

6つの視点でアイディアを出すシックスハット法

シックスハット法は、6色の帽子を使ったアイデア発想法である。

ラテラルシンキング(水平思考)の提唱者である、
エドワード・デ・ボノ博士によって考案された。

シックスハット法は、思考を6つのパターン(6色の帽子)に切り替えながら、
テーマについて話し合い、アイデアを発想する方法である。

いつも同じメンバーで意見が偏ってしまいがちなときには、
普段と視点を変えて新しいアイデアを出すことができる。

意見が違う人同士で議論がかみ合わない…
堂々巡りになってしまった…
このようなとき、メンバーが同じ方向に向かい、
スムーズに議論を進めることができる。

多様な視点から物事を見ることで、直感的な発想を生み出すことができる。

まずはじめに課題とゴールを決める。
どの順番でブレインストーミングを行うかを話し合う。

全員が同じ色の帽子をかぶり、各色5分程度でアイディアを出し合う。
かぶっている帽子の色以外の発言はしないようにする。

6色の帽子それぞれの視点は以下。

■白い帽子:客観的、中立的

客観的な情報や実際の数字から、何が事実かということを考える。
自分の意見は出さずに客観的に発想する。

■赤い帽子:直感的、主観的

直感などの感覚的な面からアイデアを考える。
アイデアに対して思った気持ちを素直にそのまま発信する。

■黄色い帽子:肯定的、楽観的

基本的にすべての意見を肯定的に捉え、ポジティブな意見を見つける。
実際に実現した際に得られるメリットなどを語る。

■黒い帽子:否定的、悲観的

否定的な視点で物事を捉える。
最悪の状態を想像してリスクや懸念点などを見つける。

■緑の帽子は:革新的、創造的

物事をクリエイティブにとらえ、自分の考えをありのままに伝える。
創造的なアイデアを思いつくままに語る。

■青の帽子:俯瞰的、統括的

全体の流れを俯瞰し、次に何をすべきか結論を出す。
アイデアを俯瞰的にとらえ、体系的な意見を出す。

6色の帽子は必ずしも用意しなくてもよいが、
メンバー全員で帽子をかぶったほうが、
視覚的な効果で、思考の切り替えもスムーズになる。
また、ゲーム感覚で楽しくできるので、

議論が活性化してメンバーの一体感も生まれやすい。

強制的に違う視点から物事を考えることで、
普段の思考の癖を取り払い、自由な発想ができるようになる。

シックスハット法は、グループで行うだけでなく、
ひとりでアイデアを練るときにも有効な方法である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました