社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

自分がコントロールできる部分を考える

仕事に係わる要素をブレークダウンしたとき、その要素を、

自分でコントロール出来る部分、
自分でコントロール出来ない部分

の2つに分けてみる。

仕事に対して不安を持つ人は、
この2つへの対応がうまくできていない場合が多い。

自分でコントロールできない部分については、
自分ができる範囲のことをやりつくしたあとは、
自分の意識から外すようにする。

コントロールできない部分について、
思い悩んでいても、疲れてしまうだけだ。

考えても仕方がないことで、心と頭を悩ませるより、
さっと意識から手放して、ぐっすり眠るほうがよい。

自分がコントロールができないことよりも、
コントロールできる部分を考えることが大切だ。

たとえば、部下のミスで仕事がうまくいかなかったとき、
「彼が悪い」と人のせいにする。

自分ではコントロールできないことなので、気持ちが乱れる。
どうすればよいか思い悩むが、どうしようもない。

そうではなく、

「彼に頼んだのは自分だ。次回は別の人に頼もう」
「今回は、彼に対する説明の仕方が悪かったな、次回は工夫しよう」

というように、自分で解決可能な部分を問題としてとらえる。

そうすれば、必要以上に気持ちは波立たないはずだ。

自分でコントロールできない部分にはこだわらず、
コントロールできる部分をしっかり見分けて、対応することが大切だ。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました