社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

時間管理の7つの術

限られた時間の中で作業をすることは、簡単そうに見えてとても難しい。

時間管理をしっかりとおこなうための7つのポイントを、以下にご紹介する。

1.目的を明確にする

時間管理をしたいと考えた理由があるはずである。

「何のために時間管理をするのか」
「時間管理をすることで、どんなメリットがあるのか」

ということを明確にする。

この最初の目的を忘れないようにしよう。
今後のモチベーション維持につながる。

2.スケジュールを作成する

手帳に、スケジュールを詳細に記入する。

自分がやらなければならないことが、目で見てわかるようにする。
そうすることで、時間を意識しながら作業を行うことができるようになる。

手帳には、

「やるべきこと」
「やろうと思っていること」

を全て記入することが大切。

今の段階で決まっているスケジュールを全て記入して、
自分の予定を常に見れるようにする。

3.スケジュールを毎日見直す

スケジュールが記入できたら、毎日しっかりと見直す。
そして、各作業には優先順位をつける。

これを前日におこなうようにすることで、

次の日に何をするべきなのか、
どの作業にどれだけの時間を取ることが出来るのか、

を明確にすることができる。

4.一つひとつに時間制限をつくる

一つひとつの作業に、このときに終わる、という時間を設定する。
自分が少し頑張れば終わるという時間を設定するのがよい。

設定した時間よりも早く作業が終わった場合には、
休憩する時間に当ててもよい。

5.無駄な時間を省く

無駄な時間をつくらないことで、より効率良く時間管理をおこなうことができる。

やる気が出ないからだらだらやるのではなく、
今自分にある最大限のやる気を出すようにすることが大切。

作業の途中でだらだらするのではなく、
しっかりと作業を終えた後に、ゆっくりと過ごすようにしたい。

6.身の回りの整理整頓をしておく

身の回りは、常に整理整頓をしておかなければならない。

その作業に必要なものをすぐに見つけられなければ、
「探す」という無駄な時間が発生する。

いつでも、何がどこにあるのかをしっかりと把握するようにしておく。
作業の効率を上げるためにも、これはとても重要である。

7.その日にやったことを振り返る

1日の最後に、「今日やった作業」を振り返る。

時間通りに作業をすると決めていたのに、時間を守ることができなかった…
今日は、時間管理がしっかりとできた…

行動を振り返ることで、反省と改善ができる。

「できた」、「できない」を明確にして、次に生かすことで、
より効率良く時間管理ができるようになるはずだ。

時間管理をしっかりと行うためには、
毎日、「時間」を意識できる環境にして、努力をすることが大切である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました