社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

効果的な時間管理ができるポモドーロテクニック

あなたはパソコンを使って仕事をしているとき、

 

ついつい、ムダなネットサーフィンをしてしまう…

SNSをチェックして余計な時間を使ってしまう…

 

といったことはないだろうか。

誘惑に弱くて集中力が続かないという悩みがあれば、

ぜひ「ポモドーロテクニック」を実践してみてはどうだろうか。

 

ポモドーロテクニックとは、

イタリアの作家フランチェスコ・シリロ氏によって開発された時間管理術で、
学校の授業のように作業に集中する時間と休憩時間をあらかじめ決めておく。
集中25分、休憩5分の組み合わせを「1ポモドーロ」として、
4ポモドーロ行った後は長めの休憩をとるのがルールである。

 

ポモドーロとはイタリア語でトマトのこと。

シリロ氏が使っていたキッチンタイマーがトマトの形をしていたことから、
この名前がつけられた。
ポモドーロテクニックの手順は、以下の通りである。
1.達成するべき仕事を1つ決める
2.タイマーで25分を設定する
3.タイマーが鳴るまで仕事に集中する
4.5分休憩する
5.1から4までの工程を1ポモドーロとして、4ポモドーロ行う
6.4ポモドーロ終えたら15分から30分の休憩を取る

 

4ポモドーロを終えて15分の休憩をとると2時間15分になる。

8ポモドーロ行えば4時間30分、12ポモドーロなら6時間45分である。

 

ポモドーロテクニックのメリットは、

短い集中時間と休憩を繰り返すことで、高い集中力を維持させることにある。

 

人間の集中力というのは持続させるのが難しく、

波のように高まったり、低くなることを繰り返している。
集中力の周期は15分を一つの単位として、
年齢によって30分、45分と集中力が伸び、最大で90分といわれている。

 

ポモドーロテクニックを使えば、

短い集中時間で休憩を挟むことで、集中力の周期をリセットさせる効果がある。

 

ポモドーロテクニックを使うコツは次の2つ。

1.達成すべき仕事を一つに絞る

あれもこれもと一度に複数のことを行おうとすると効率が悪くなる。
やるべき仕事は一つに絞ってシングルタスクを心がける。

2. 仕事が途中でも必ず休息する

時間を無視してキリのよいところまで進めてしまうと脳が満足感を覚えてしまう。
脳が満足した状態で一度休憩を挟むと、次に集中するまでには時間がかかってしまう。
逆にあとちょっとで終わるという状態の方が、
仕事に戻りたいという気持ちにさせて、すぐに集中することができる。
休憩時間が来たら必ず休憩をとるようにしよう。
ポモドーロテクニックは、着手しやすい上に効果を出しやすい仕事術の1つ。
特に集中力がなくて悩んでいる人は、ぜひ試してみてほしい。
社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました