test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

習慣のループを知って良い習慣をつくる

「習慣の力:The Power of Habit」の著者チャールズ・デュヒッグ氏は、

 

私たちは、毎日行っている選択を「意思決定」だと思っているが、

行動の40パーセント以上が、意思決定ではなく「習慣」によるものである、

 

と述べている。

朝起きたら水を飲む…
寝る前には歯を磨く…

習慣化された行動は、ほぼ無意識のうちに実行される。

習慣は、次の3つの段階を経て生まれてくる。

1.きっかけ:日常生活の中で与えられる何らかの合図
2.ルーチン:与えられた合図に応じて起こす習慣的行動
3.報酬:最後に手にするもの

「きっかけ→ルーチン→報酬」は、習慣のループと呼ばれている。

悪い習慣をなくしたいなら、
同じ報酬を得られる良い習慣に置き換える必要がある。

例えば、
仕事の後に、いつも職場の仲間を誘って飲みに行くのが習慣だとする。
その場合、習慣のループは以下。
きっかけ:仕事で疲れた
ルーチン:職場の仲間を誘って飲みに行く
報酬:人と交流したり、アルコール効果で気分転換する

 

もし仲間と飲みにいくのを止めてしまって、
代わりに何もしなければ、ただ喜びをひとつ失っただけになってしまう。

喜びを取り去るのではなく、
ルーチン(お酒を飲む)だけを変える。
きっかけ(仕事で疲れた)と報酬(仲間との交流、気分転換)はそのまま残す。

すなわち、習慣のループのうち、

「きっかけ」と「報酬」はそのままで、「ルーチン」だけを入れ替える。、

 

お酒を飲みにいく代わりに、仲間と一緒にできる何か別のことをする。
ランニング、趣味のサークル活動、勉強会…

お酒と同じように、

人との交流や気分転換という報酬を得られるものに置き換えることが、
「仕事で疲れた」というきっかけへの応答にもなる。

 

自分の習慣のループに着目して、
ルーチンを変えることで望ましい習慣に変えていきたい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました