社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

大きな改革はトップの参加が必須

大きな社内改革を進めるためには、全社を挙げた取り組みが必要である。

経営層が、改革の重要性を理解していても、
実際に改革を進めようとすると、さまざまな障壁が立ちふさがる。

改革を成功に導くためには、経営トップの明確なコミットメントが必須。

トップが積極的に関与しなければ、全社的な改革は成功しない。

社内改革を実行することは、
組織の戦闘力を高め、企業文化の醸成につながる。

しかし、改革を現場に丸投げしていては成功しない。
ただのお題目で終わってしまう。

ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正さんは、
重要なプロジェクトには、自ら率先して参加している。

柳井さんが先頭に立っているからこそ、大きな改革が成功する。

その結果として、
売上年間1兆7000億円、世界1700店を運営する「ユニクロ」を
引っ張っているのだ。

会社の根幹に関わるような改革を、
実務部隊に、ただ丸投げしているようなトップは不要である。

トップが率先して実行しなければ、絶対に実務部隊はついてこない。

さらに、トップが、現場に対して、
常に改革に対するメッセージを発信する必要がある。

トップ自らが率先して動くこと、
トップの意思を常に社内に発信すること、

トップ自らが、改革達成の意識を、
社内に定着させる努力を続けなければならない。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました