test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

整理整頓の基本動作

デスク、パソコンの中、自分の部屋など、
どの場所を整理整頓するにしても、基本は同じである。

整理とは、「物を減らすこと」、
整頓とは、「配置すること」という意味。

「整理整頓」とは、物を必要な物と不要な物に分けて、
不要な物を捨てて必要な物を使いやすい場所に置くことである。

整理整頓は、整理→整頓という順番通りに行うことが大切。
まず整理をして物を減らしてから整頓する。
そうでないと片付けは進まない。

整理には、どんな場所や物にも共通して使える4つの基本動作がある。

1.出す

例えば、デスクの引き出しの中を整理整頓する場合、
そこに入っている物を、いったん別の場所に全部出す。

引き出しに物が入ったままの状態で、
物を並べ替えたり、要らない物を間引いたりするやり方はダメ。
全体の物の総量が分からない上、
片付けたのかどうか、成果が目に見えにくい。

いったん全部出してみる。

そうすることで全体を把握することができ、
次の「分ける」動作が、とてもやりすくなる。

2.分ける

目の前にあるものを眺めて、
必要なものとそうでないものに分けていく。

このとき、分ける基準を決めておくことが大切。

この基準があいまいだと、迷いが生じる。
分けるのに時間がかかってしまう。

分ける基準は、「過去一カ月間に使ったかどうか?」。

1ヶ月を振り返ってみて、使わなかった物は「いらない物」と考える。

3.減らす

「分ける」動作で出た「いらない物」は、いったん別のところに置く。

いらないものは、「使う」か「使わない」で、判断して、
「使わない」ものは捨てる。

このとき、「使える」か「使えない」で判断しないこと。

4.しまう

「分ける」動作で「使う物」と決めた物を、
引き出しの元あった場所にいったん戻していく。

しまう場所をあまり細かく考えていると、
時間がかかったり、逆に乱雑になることもある。

最初のうちは整理することだけに集中して、
元あった場所に戻すことから始めよう。

基本動作をマスターしたら、配置の仕方について、
徐々に工夫していく。

いつも快適な環境で効率よく仕事をするには、
整理と整頓をしてきれいになった状態を維持しなければならない。

そのためには、整理整頓を習慣づける必要がある。

整理整頓を習慣にするコツは、「1日15分、1カ所だけ行う」こと。

仕事の効率化のためにも、整理整頓を習慣づけていこう。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました