社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

最後まで一気に加速する

人間の脳は、「もうゴール」だとか「もう勝った」という結論に達すると、思考が完結されてしまうと日本大学の林成之教授はいう。

脳には「報酬系神経群」という、ダイナミック・センターコア(考えや気持ち、意欲など才能を発揮するための仕組みを作る機関)に情報を伝える神経群がある。
人が「もうゴールだ」だとか「もう勝った」と考えると、報酬神経群は「もう終わった」と判断してしまうため、脳内の情報を脳細胞に伝える機能が低下する。

その結果、考える機能が低下し、運動能力は一瞬で低くなってしまうのである。

アテネオリンピックの陸上男子100メートルに出場したジャマイカのパウエル選手。
決勝で、彼は75メートル地点までトップを走っていた。
しかし、ゴール直前でまさかの失速。
試合後、パウエル選手は、
「自分は75メートル地点で勝ったと思った」
とコメントしている。

彼は、75メートル地点で自分の頭の中で「勝てた」と考えてしまった。
すると、脳は、「もう終わった」と認識する。
そのために、運動神経を動かしていた脳が機能しなくなり、筋肉のパフォーマンスが落ちてしまったのである。

人間は往々にして、作業の途中で「大体できた」という達成感を得る傾向がある。
「できた」と思った瞬間に考える仕組みが止まってしまう。
そのため、目的を達成することが難しくなる。

ゴールに近づいた地点に来ても、「もう終わりだ」と思うのではなく、
「最後まで一気に加速する」
「ラストスパートしてやり抜こう」
と考えることが大切である。

そうすれば、上り調子になっている能力がさらに高まり、最大限の力を発揮できるようになる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました