社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

目的を意識し、達成のために行動する

目的があやふやになり、その結果、うまくいかないケースはよくある。

たとえば、英語を学ぶ場合、

海外で、商談をまとめるために学ぶのか、
人工知能関連の論文を原書で読むために学ぶのか、

目的により、次にとるべき行動が全く違ってくる。

どちらもできるようになりたいと思ってしまうと、
最短時間で、成果が出る学習方法を選べなくなってしまう。

まず、目的を明確に意識する必要がある。

たとえば、野球で、ノーアウト、ランナー3塁の場面。

ここで打者は、

ヒットを打てば1点入る…
犠牲フライでも1点…
右方向に転がせば…、

とあれこれ迷い、その結果、中途半端なプレーになってしまうことがある。

「確実に1点取るため犠牲フライを打つ」

と決めることができれば、
低めのボールは捨てて、高めのボールだけに絞れる。

目的を明確に意識すれば、どう行動すべきかも素早く決まり、
成功する確率は高まるわけだ。

犠牲フライを打つと選択したことで、
高めの球を外野まで運ぶ、という次の行動がすぐに決まる。

ただし、犠牲フライを外野に打とうと思ったとき、
その通りに実行できなければならない。

当然、普段からの反復練習が必要である。

目的を意識すれば、
時間をムダにせず、効率よく成果の質を上げることができる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました