test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

KPT(けぷと)による効果的な振り返り

チームや個人で振り返りをするとき、
「KPT(けぷと)」を使えば、効果的に振り返りができ、改善につなげることができる。

KPTは、システム開発の分野で使われていた振り返りのフレームワーク。

次の3つの要素に分けて、行動内容の分析を行う。

K:Keep…成果が出ているので継続すること

P:Problem…問題があり改善が必要なこと

T:Try…次に取り組むこと

KPTによる振り返りは、チームまたは個人で、Keep→Problem→Tryの順に、次のように今後のアクションを決めていく。

1.紙やホワイトボードの中心に縦線、左側に横線を入れて3つの領域に分ける

左上を「Keep」、左下を「Problem」、そして右のスペースを「Try」とする。

2.「Keep」の枠に「成果が出ていること・継続すること」を書き出す

参加者は、客観的な視点で分析することがポイント。

3.「Problem」の枠に「うまくいかなかったこと・問題点」を書き出す

責任を追及する場ではないので、悪かった「事柄」を挙げる。

4.「Try」の枠に「新たに実践すること・問題解決に取り込むこと」を書き出す

精神論ではなく、具体的にどういう行動をとるかを明確にする。

5.「Try」の枠に書き出したアクションの具体的な実施計画を決める

「Try」で挙げたアクションを実行した結果、再度KPTで振り返る。

効果的なKPT実施のためには、3つのポイントがある。

1.定期的に短いサイクルで実施する

KPTは、定期的にできるだけ短いサイクルで行なうのが効果的である。

1日や1週間の終わり、1つの仕事を終えたときやプロジェクト終了後、

など、区切りのいいタイミングで実践すれば、振り返りもしやすくなる。

一度のKPTですべての問題が解決することはなく、

さらに「Try」によって新たな課題が浮き彫りになることもあるため、

定期的にKPTを実施して改善のサイクルを回していくことが大切である。

2.進行役を配置する

中立な立場の進行役(ファシリテーター)を置いて、質問を投げかけたり、

参加者が意見を出しやすい場を整えるようにする。

参加人数が多い場合、意見が出にくくなってしまうことがある。

そんなときは、グループの単位を小さくして、5~6人程度で実施しよう。

3.意見をすべて書き出す

KPTは何度も繰り返し行なうものであり、

まず、すべての意見を書き出してみることに価値がある。

慎重になりすぎずに思い切って書いてみて、違うと感じたら修正していけばよい。

悲観的になることなく、客観的にチームや自分自身を分析することが大切です。

チームやメンバーを強くして効率的で生産性の高い仕事をしようとするなら、

ぜひ「振り返る」時間を大切にしよう。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました