test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

SWOT分析を有効に活用するポイント

SWOT分析は、

競合、市場トレンドなど、自社を取り巻く外部環境と、

自社の資産、ブランド力、価格や品質などの内部環境を、

プラス面、マイナス面から分析する手法です。

マーケティング戦略策定、経営戦略の意思決定、経営資源の最適化などを

導き出すためのフレームワークであり、

4つの要素の頭文字をつなげて、SWOT分析と呼ばれます。

Strength:強み

Weakness:弱み

Opportunity:機会

Threat:脅威

SWOT分析は4つのステップで進めることが効果的です。

1.外部環境分析:機会/脅威

外部環境とは、市場動向や社会情勢などです。

例えば、

市場規模、成長性

競合の状況

景気や経済状況

政治の状況

法律

などの項目です。

外部環境の分析には次のフレームワークが適しています。

⑴PEST分析

マクロ分析をおこなうときに有効です。

PESTは、次の4つの指標、

①Politics:政治

➁Economy:経済

③Society:社会

④Technology:技術

を表しています。

⑵ファイブフォース分析

業界の収益性に影響がある次の5つの競争要因をもとに業界分析をします。

①新規参入業者の脅威

➁買い手の交渉力

③供給企業の交渉力

④代替品の脅威

⑤競争企業間の敵対関係

2.内部環境分析:強み/弱み

内部環境は、外部環境や競合状況を加味して判断します。

一般的には、次のような項目です。

・認知度やブランド力

・インフラ

・価格や品質

・資源

・立地

・サービス

・技術力

3.クロスSWOT分析で戦略立案

SWOTで整理した現状をもとに、

分析し、戦略・戦術策定、計画に落とし込みます。

4つの項目を掛け合わせて分析していきます。

①強み✕機会:自社の強みを使って、機会を活かすためにどうするか

➁強み✕脅威:自社の強みを活かし、脅威による影響を避けたり、機会として活かせるか

③弱み✕機会:自社の弱みを補強するなどして、機会を活かせるか

④弱み✕脅威:自社の弱みを理解し、脅威による影響を最小限にするためにどうするか

4.戦略や戦術、計画に落とし込む

クロスSWOT分析での内容をもとに、

今後とるべき戦略や戦術、具体的な計画に落とし込んでいきます。

戦略における課題が出てきた場合は、再度戦略の見直しを行います。

SWOT分析で項目の洗い出しをするだけでは意味がありません

戦略や戦術、計画まで、しっかり落とし込むことが大切です。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました