test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

質問力をコミュニケーションに生かす

質問には、主に3つの働きがある。

1.分からないことを明確にする

これは、情報収集の働きである。

「いつまでに完成すればよいですか」
「誰に依頼すればよいですか」
「どのようなご希望ですか」

繰り返し問いかけることで、不明確だったことが明確になり、
相手と情報を共有することができる。

2.考えるきっかけをつくる

思考や気づきを促す働きである。
問いかけることで、考えるきっかけをつくる。

「この仕事を成功させるためには、どんな方法がいいと思いますか」

と問いかけられると、相手はその答えを考え始める。

3.相手の思考をリードする

相手の思考をリードできる働きがある。

「なぜ、失敗したのですか」

という問いかけると、相手の思考を失敗にフォーカスさせてしまう。
すると、嫌な体験を思い出して、モチベーションも下がってしまう。

逆に、

「今回の失敗を次に生かすとしたら、どのように生かしますか」

という肯定的な問いかけをする。

すると、相手の思考を未来や問題解決に向けることができる。

質問をコミュニケーションに生かすと、相手に対する影響力を高めることができる。

まず、質問の働きを理解する。

その上で、お互いが分かり合い、相手の思考力を伸ばすために、
積極的に質問を活用してみよう。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました