test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

プロジェクト管理の基本はマイルストーンとガントチャート

製品開発などの長期プロジェクトでは、
責任者のプロジェクト管理の力量が試される。

プロジェクトを円滑に、効率よく進めるためには、

マイルストーンの設定とガントチャートの書き方が大切である。

ガントチャートとは、
作業工程を項目別にグラフ化した「段取り表」である。
一目で作業工程の全体像が把握できるため、
長期のプロジェクトを管理する際に適している。

プロジェクトの管理者だけでなく、実際に作業するメンバーも、

プロジェクト内容と期日を俯瞰して見ることで、情報共有ができる。

ガントチャートを書くために最低限必要なことは、

作業日数、作業開始日、タスク名である。

横軸にスケジュールを取り、縦軸に作業工程を記入して以下の手順で書く。

1.プロジェクトの最終目標と各工程を決める
2.工程を決めたらタスク(作業)に落とし込む(タスク名を振る)
3.各工程の期限(マイルストーン)を設定する
4.作業時間や工程終了後のシンボル(記号)を設定する

さらに、スケジュール管理で重要なのがマイルストーンである。

マイルストーンとは、
プロジェクトのスケジュール管理の際に使用する工程の区切りや期限。

ガントチャート作成時に定めた工程ごとにマイルストーンが設定される。

マイルストーンに必要な要素は3つ。

1.担当者:プロジェクトチームの担当者と割り当て(タスクの分担)
2.期限:いつまでにその工程を完了させるのか。
3:具体的なタスク:工程をできるだけ具体的なタスクに落とし込む

責任者本人がマイルストーンの内容を決めるのもいいが、

細かな部分はチームで相談し、全員で決めることが望ましい。
マイルストーンの期限は長くても1ヶ月に設定するのが適切である。

責任者自身だけでなく、チーム全体が工程内容を把握できるように、

プロジェクト計画にマイルストーンをうまく組み込むことが重要である。

プロジェクトを成功させるためには、

チームが円滑に効率よく動けるスケジュールを組むことが不可決。

ガントチャートとマイルストーンをうまく使いこなして、

チーム全体でプロジェクトを成功させよう。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました