社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

リーダーとして評価される5つのポイント

最近、ビジネスパーソンの働き方には変化が見られるようになった。

リーダーにふさわしいと評価される人材も変化してきている。

 

ビジネスリーダーとして評価される人材の5つの特徴を以下に述べる。

1.時間生産性の高い人材

これまで残業は「ガンバリズムの象徴」として評価されてきた。

これからは「仕事の質」、すなわち「時間当りの生産性」が求められる。

 

デッドラインを明確にして完成度の高いものを仕上げるためにベストを尽くす、
という習慣を徹底的に身につける必要がある。

2.イノベーションを起こす人材

これからは、オールマイティーに合格点が取れるゼネラリスト人材よりも、
1点でも卓越した能力がある尖ったエキスパート人材が求められる。

会社という枠を越えてさまざまな人とコ・ワークすることで、
化学反応が起こり、イノベーションが誘発される。
意識的に社外の人と接する機会を習慣化して、

意識レベルの高い刺激的な人たちとつながることで、自己レベルも上がる。

 

3.仕事へ全エネルギーを注力できる人材

定年まで一生安泰というサラリーマンの時代は終焉を告げ、

年功ではなく、成果そのものが評価される時代へ移行している。

 

これまで日本企業の場合、

成果と人間関係性は、6:4程度で評価されていた。

これからはプロフェッショナルとしての成果にフォーカスされ、

8:2程度になるだろう。

 

卓越した専門能力、実務能力を持ち、

成果をコンスタントに出せるプロフェッショナル人材が求められる。

4.ワーク・ライフ・バランスを実現できる人材


成熟国家である日本のこれからのリーダーは、

経済的な価値のみならず、社会的、文化的な価値が問われるようになる。

 

ワークは経済的な価値を意味し、ライフは社会的・文化的な価値である。
時間は有限なので、重みづけにしたがって、
かたよらないように時間配分をバランスさせる必要がある。
この3つの価値をきちんと持っていることがリーダーとして求められる。

5.社会的にも価値のある人材

リーダー個人として、経済性のみならず社会性、社会的な視点が求められる。

会社でいかに儲けるかという経済性の視点だけでなく、

会社以外の人間関係性やつながりである社会性をより大切にする必要がある。

 

会社以外とネットワークでつながるためには、

個々が謙虚に学び続けることが大切。


卓越した能力や実績があれば外からも声が掛かるので、

どんどん場が増えて更に進化していくのである。

 

家族や親族、地域社会、趣味やスポーツなど、

会社や仕事以外のネットワークをどう構築していくかを視野に入れる。

ネットワーク社会、さまざまな人と繋がっているかどうかが問われる。

昨今の「働き方改革」で今後、評価される人材が劇的に変わっていく。
将来のビジネスリーダーになるために評価される人材のポイントを
よく認識しておく必要がある。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました