社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

スキマ時間の使い方を見直す

勤務時間の中で、

会議が早く終わって次の打合せまで少し時間がある…

など、空き時間ができることがある。

この10分~30分程度の「スキマ時間」を有効活用することで、

時間を有効活用することができる。

空き時間ができた段階で、
「さて、何をしようかな」と考えていないだろうか。

そうなると、考えているうちに時間が過ぎてしまい、
せっかくの空き時間が「ムダな時間」になってしまうことになる。

そうならないため、あらかじめ、

「スキマ時間ができたらやること」をリストアップしておくことが大切。

例えば、

スキマ時間にやることを、1つのタスクごとに1枚の付せんに書いて、

手帳の裏表紙などに並べて貼って、リスト化しておく。

スマホに記録しておいてもよい。

その際に、各タスクにかかる所要時間別に整理しておく。

●10分のタスク

〇〇に電話する…

経費の領収書の仕分けをする…

メール返信する…

気になっていたビジネス誌の記事を読む…

仕事に役だつサイトを閲覧する…

●30分のタスク

来期の販促プランを考える…

プレゼン資料のストーリーを考える…

日報を書く…
データの収集…

10分のスキマ時間ができたら、リストに目を通して、
10分で片づけられるタスクにすぐに取りかかる。

30分時間が空いたら、30分用のメニューに取り組むか、

10分のメニューを3件組み合わせてもOKである。

出張が多ければ、

列車内や列車の待ち時間でできること…

歩きながらできること…

をリストに加えておくとよい。

スキマ時間でできるタスクは結構あるものだ。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました