社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

相手をいらだたせるNGフレーズに注意

和やかに話していたのに、突然相手の機嫌が悪くなった…

もしかすると、無意識に

相手の怒りに触れる「NGフレーズ」を使っているかもしれない。

非難や攻撃をするつもりがなくても、

状況によっては相手が不機嫌になるNGフレーズがある。 

余計なトラブルを起こさないためにも注意しよう。

1.言い訳がましく聞こえるNGフレーズ

●「だって…」「でも…」「それは…」

この後に続くのは、相手に対する批判や自分の弁解であることが多い。

●「けど…」「ですが…」

そのときの状況や人によって、喧嘩を売られていると感じる場合がある。

例えば、仕事の進捗を聞かれた場合、

「終わっていますけど…」と言うと、
「終わっていますけど、何か文句あるの?」

というニュアンスで捉えられる可能性がある。
この場合、「終わっています」とだけ、答えればよい。 

 2.正論をふりかざすNGフレーズ

●「…が規則です」「…が期限です」「…してもらわないと困ります」

ルールや期限などの決まりごとを伝えるときは、
正論を振りかざしているように聞こえるNGフレーズは避けたい。
融通がきかない印象を与えてしまう場合がある。 

「ご了承いただけますでしょうか」
など、相手を敬うていねいな記帳や言葉遣いを心がけたい。

3.上から目線を感じるNGフレーズ

●「前にも言いましたが…」「言わずもがなですが…」「常識として…」

相手の理解力や知識レベルの低さを指摘するようなフレーズは、

相手の自尊心を傷つけてしまう。

自分の説明の仕方も悪かったと考え、

別の表現を使ったり具体例を交え、相手に理解してもらう努力をしたい。 

4.軽く扱われたと感じるNGフレーズ

●「一応調べてみます」「ちょっとお調べします」

この表現では、誠実さが伝わりにくい。

相手は、軽く扱われたと感じてしまうことがある。 

「ただいま、お調べします」
とシンプルに言うほうが好感度は上がるだろう。

無意識に相手をいらだたせてしまう「NGフレーズ」。
思わぬトラブルに発展しないように、
口癖になっていないか、振り返ってみよう。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました