test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メンバーのタイプ別やる気を引き出すコツ

同じ言葉を伝えても響く人と響かない人がいる。

できるリーダーは、メンバーのタイプを見て接し方を変えている。

例えば、

「大丈夫だ」「頑張れよ」と言われたときに、

勇気づけられた、と捉えるメンバーと

逆にプレッシャーを感じてしまうメンバーの両方が存在する。

「やればできるじゃないか」という言葉は、

聞きようによっては、

「普段はできていないが、今回やっとできた」できる

という意味にもとらえられかねない。

リーダーは、

メンバーの正確や行動に合わせたアプローチを心掛ける必要がある。

同じ言い方でも、相手によってとらえ方が変わってしまう。

米国の行動心理学者ウィリアム・M・マーストン博士は、 

人の行動パターンを4つに分類した「DiSC理論」を提唱した。

D:主導型(Dominance)タイプ

i:感化型(influence)タイプ

S:安定型(Steadiness)タイプ

C:慎重型(Conscientiousness)タイプ

4つのタイプの特徴とタイプ別のアプローチは次のとおり。

D:主導型(Dominance)タイプ

◇特徴

悩んだり考えたりするよりも、まず行動を起こして早く成果を出そうとする。

チャレンジ精神があり、意思が強く困難にも負けない。

人からコントロールされることを嫌い、自分で仕切ろうとする。

自分なりのやり方で結果を出そうとし、細かく指示されることを嫌う。

言いたいことをはっきり言い、全体のチームワークにはあまり関心がない。

◇このタイプへのアプローチ

チャレンジしたいと思える少し高めの目標を設定する。

権限の範囲を事前に示し、細かい口出しをせずに信じて任せる。

メンバーから相談や助言を求められれば、親身になって対応する。

◇やる気にさせる一言

「君に任せたよ、自由にやって」

「この仕事は君しかできない」

「やっぱり君に任せてよかった」

i:感化型(influence)タイプ

◇特徴

明るく社交的な性格で、ムードメーカー的な存在である。

自分から積極的に人と関わろうとする。

感情表現が豊かで、物事を肯定的に捉えて周囲を明るくする。

楽観的であり、難しいことでも安易に引き受けて後悔はしない。

緻密さが足りず、仕事の成果や人に対して厳しさに欠ける傾向がある。

◇このタイプへのアプローチ

小さいことでも気づいたことをほめてあげると、やる気アップにつながる。

積極的に話し掛けて、コンタクトする回数を増やす。

存在や働きを無視したり、綿密な業務や単調な業務を与えるとやる気を失う。

◇やる気にさせる一言

「もうできたのか、助かるよ」

「君の仕事ぶりを部長もほめていたよ」

「最近がんばっているね」

S:安定型(Steadiness)タイプ

◇特徴

安定した環境の中で着実に成果をつくっていこうとする。

慣れ親しんだやり方で成果をあげようとし、変化を嫌う傾向がある。

コツコツと最後までがんばってやり遂げる粘り強さがある。

言われたことを言われた通りに忠実にこなす。

チームワークを大切にして、協調性があり協力的。

◇このタイプへのアプローチ

一気にチャレンジさせるのではなく、段階を踏んで一つひとつ確実に取り組ませる。

任せるよりも具体的なやり方や手順に基づいた指示をする。

着実に成果が発揮できるような安定した仕事環境を提供する。

◇やる気にさせる一言

「困ったことがあったら、何でも相談して」

「まず、ここまでやってみよう」

「ありがとう、皆が助かっているよ」

C:慎重型(Conscientiousness)タイプ

◇特徴

細部に注意を払い、小さなミスや間違いも許さない。

データを重視し、自分が納得するまで正確さや合理性を求める。

長所、短所をじっくり検討した上で、慎重に結論を出す。

自分が考えたやり方への批判に防御的になりがち。

衝突したら、妥協しながら人を介したりすることで衝突を回避しようとする。

◇このタイプへのアプローチ

指示を出すときには、目的や仕事の全体像を指し示して納得させる。

メンバーが疑問を残さず納得して仕事ができるようサポートする。

予想されるリスクに対しては、許容範囲を示して安心させる。

◇やる気にさせる一言

「君の考えは、もっともだと思う」

「君の言う方向でもう少し考えてみたら」

「いつも完璧にできているね」

メンバーがどのタイプかを観察することで、

どのようなアプローチをすれば良いかのヒントを得ることができる。

ただし、

どのタイプが優れていて、どのタイプが劣っているということではない。

また、「彼はこういう性格だからこのように関われるべきだ」

と決めつけてしまってもいけない。

逆にコミュニケーションを阻害してしまうことになりかねない。

あくまで、相手をよく観察して、相手の状況を効率的に分析する手段で

あることを知った上で、活用する必要がある。

メンバーに対しては、

仕事の意義、自分の存在価値、仕事の実感を持たせることに加えて、

よく観察して、気遣いを怠らないことが大切。

これがやる気をアップさせるコミュニケーションの秘訣である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました