社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

ザワークのセルフコントロール

私たちが感じるストレスとは何だろうか。

「ザ・ワーク」(バイロン・ケイティ著)では以下のように紹介されている。

ストレスは、すでに起きている現実と無理に戦うときに現れる。
起きている現実に対して戦うことで、感情が振り回されてしまうのである。

「私の業績に対して、あのような評価をされるべきではない」
「私は、本来こんなに緊張するはずがない」
「誰も私をサポートしてくれないのはおかしい」

すでに起きている現実に反発して戦いを挑んでも、現実は何も変わらない。
自分が負けるだけだ。

ストレスとは、起きていることをありのまま受け入れずに、

「現実はこうあるべきではない」

と抵抗するときの心の乱れである。

理想と考える自分のイメージを基準に、現実に起きていることを評価したり、
ジャッジしたりすることをやめれば、心は安定し始める。

「ザ・ワーク」では、ストレスから開放する「4つの質問」が紹介されている。

例えば、以下のような考えを持っていたとする。

「私の上司は、いつも私のやることすべてにクドクドとケチをつける」
「もう上司の顔を見るのもイヤ」

この考えに対して、自分自身に次の4つの問いかけをして、答えを紙に書き出す。

1.それは本当に真実か

本当にいつも?、すべてか?
「ケチ」ではなく、指導、アドバイスは含まれていない?
本当に「上司」のせいだけ?
自分の考えと違った考えの人はいない?

2.その考えが絶対に真実で間違いないと言い切れるか

なぜ絶対に真実だと言い切れる?
上司の上司や同僚も自分の考えに同意する?
上司の奥さんや子供も間違いないと同意してくれる?

3.そう言い切るとき、自分自身にどのような反応があるか

自分の心の内側はどんな反応をする?、落ち着かないか、さらにイライラするか、
解決しようとしてどんな行動を取る?、逃げ出したいか、ウップン晴らしか、
上司に対してどのような反応をする?、無視するか、言い返すか、どんな表情するか、

4.その考えを持たなければ、あなたはどうなるか

上司に対してどのような反応をする?、元気に返事するか、快適に仕事をするか、
自分の心の中の反応は?、自由を感じるか、気分が良くなるか、ありがたいと感じるか、

4つの質問を通して、見る角度を変えて、自分の最初の感情がどう変わってきたのかを感じてみよう。

私たちを苦しめるのは「現実」ではなく、「現実に対する自分の考え方」である。

変えられない「現実」を変えようと戦うのではない。
「現実」を見ている自分の位置を変えることが大切である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました