社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

リーダーの魅力は他者評価で作られる


リーダーは、他者の評価によって生まれ、
他者に評価されることによって、魅力ある存在へと成長していく。

他者評価とは、他人の目を気にするという意味ではなく、
自らの行動や成果、実績を市場価値として捉えることである。

魅力あるリーダーになるためには、
自分の仕事や自分自身に対して、
常に客観的な視点を持つことが必要である。

いいかえれば、リーダーは好むと好まざるに関わらず、
他者から評価される存在でもある。

魅力あるリーダーになるためには、
他者評価をいかに受けとめて行動するかが、ポイントである。

他者すなわち、上司、同僚、部下から、自分の評価を聞き出すコツは、
以下のとおりである。

1.上司からの評価

リーダーとして「成長するための現状課題」をたずねてみる。

現状の課題として挙げてもらった項目は、
まだ評価が低いという判断をされているのである。

自分の課題点が明確になり、それをクリアすることで評価が高まる。

2.同僚からの評価

同僚と「魅力あるリーダーとは?」について語り合ってみよう。

自分の価値基準を同僚の基準と比較してみることで、
自分への評価や課題も見えてくる。

お互いの良いところ、悪いところを言い合える仲間を持つのがベスト。

3.部下からの評価

自分に「期待することは何か」を話してもらう。

期待することは、「今は物足りないと感じていること」かもしれない。
その期待に応えることで、部下からの評価は向上していくはずだ。

魅力あるリーダーをめざすためには、
意識的に、そして積極的に他者評価を集めて受けとめるのがよい。
他者の評価の中から、魅力あるリーダーへと成長するためのポイントを探る。

人から見られること、他者から評価されることは、
決して無駄ではなく、面倒くさくて嫌なことでもない。

他社評価とは、良い評価も耳に痛い評価も含めて、
自分が成長するために不可欠なものである。

他者の評価をポジティブに受けとめる。
それに応えることで、更に高い他者評価を受ける。

そのサイクルが、リーダーの魅力を高めていくのである。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました