test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

支配型リーダーからサーバント・リーダーへ

ロバート・K・グリンリーフにより提唱された「サーバント・リーダーシップ」とは、
リーダーがメンバーに対して明確なミッションやビジョンを示し、
それを遂行するメンバーに奉仕(サーバント)するものである。

リーダーは、自分のミッション、ビジョンを実現させるための道具としてメンバーがいる、
と考えるのではない。
ミッション、ビジョンを実現するためにメンバーが行動してくれるのである。

リーダーは「こうしたい」という強い方向性を示す必要がある。
それに取り組むメンバーがより活躍しやすいように、
環境を整え、支えるのがサーバント・リーダーなのである。

サーバント・リーダーの特性は、10項目にまとめられる。

(1)傾聴

しっかり話を聞いて、相手が望むことを聞き出し、どうすれば役に立てるか考える。
自分の心の声に対しても耳を傾ける。

(2)共感

人は不完全であるという前提に立ち、相手の立場に立って相手の気持ちを受け入れる。

(3)癒やし

相手の心を無傷の状態にして、本来の力を取り戻させる。
組織や集団においても、欠けている力を補い合えるようにする。

(4)気付き

ものごとをありのままに見ることで気付きを得たり、相手に気付きを与える。

(5)納得

相手のコンセンサスを得ながら納得を促し、権限に頼らず、服従を強要しない。

(6)概念化

大きな夢やビジョナリーなコンセプトを持ち、それを相手に伝える。

(7)先見力

現在の出来事を過去と照らし合わせ、そこから将来の出来事を予想する。

(8)執事役

自分が利益を得ることよりも、相手に利益を与えることを心得ている。

(9)人々の成長への関与

仲間の成長を促すことにコミットする。一人ひとりの力や価値に気付く。

(10)コミュニティづくり

愛情と癒やしに満ちていて、人々が大きく成長できるコミュニティをつくり出す。

この10の特徴のなかでも、特に重要なのが「傾聴」である。

変化の激しい環境では、リーダーが自分の経験に基づいて決断しても、状況変化により、
「こんなはずではなかった」という事態が頻繁に起こる。

メンバーの話を真摯に聞かないと、変化に気付くのが遅れ、打ち出す方向性にズレが生じやすくなる。

メンバーの声を聴くリーダーは、変化を素早く察知することができる。
方向性を間違えるリスクが少なくなるのだ。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました