社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

問題解決の第一歩はメンバーの問題共有化

職場の一人ひとりが「問題だ」と認識しなければ、その職場には問題がないことと同じである

ある会社の出入口のすぐ横に、小さな箱が置かれていた。

誰かがそれに引っかかって転びそうになった。

これを聞いた人が

「私もその箱は知っている。でもいったいなぜそんなところに置いてあるんだ?」

と話題になる。

それを聞いた別の人が、

「あの箱は、ずっと前から置いていた」

「そんな箱あった?でも、あれはダメだよね」

と言い出す。

どうもその小さな箱は長い間そこにあったようである。

しかし、存在に気づかなかった人もいた。

ところが一人が転びそうになって初めて小さな箱が注目を浴びたのである。

結果的に、その箱は中身を確認して撤去されることとなった。

この話のポイント

「転びそうになる事件」が起こる前は、その箱は社会的に存在しなかった、

ということである。

物理的には存在していたが、人々が日常の生活をしていく上で、

その箱は存在しなかったのと同じということである。

「転びそうになる事件」が発生したあと、

その箱は、急に存在がクローズアップされることになった。

人々が生活をしていく上で、その箱は「危険な箱」として社会に現れたのである。

皆が「箱がある」と認識したとき初めて、箱が存在するということになる。

このように、

客観的に存在するかどうかではなく一人ひとりの認識で社会のありようが決まる、

という考え方が「社会構成主義」である。

会社や職場の問題を解決するためには

まず、「これは問題だ」ということを共有する必要がある。

まだ職場の問題になっていない状況で、

いきなり「このようなことをすべき」というように、
対策について正義感を振りかざしてしまうと周囲の反発を招く可能性がある。

箱の例でいえば

いきなり箱を放置した人を探し出して文句を言う…

自分でどこかに移動させる…

などの行動が、後で困ったことになるかもしれない。

職場で問題の共有化ができれば

この問題は職場の問題となり、誰もが改善すべきだと考えるようになる。

すると、自然と問題の解決方向に事態が動き出す。

問題に対して皆が困っており、それを皆が知ることができれば、

問題を解決できる人が、できることをするように動き出せるのである。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました