test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

上司を巻き込んで企画書を通す

ちょっと無理のある企画書だが、上司の了解をもらいたい…

このような場合、

企画書を完成させてから見せるのは、必ずしも最善ではない。

いきなり完成した企画書を見せられた上司は、

どうしても「足りないところ」を探そうとする。

足りないところがあれば、却下されてしまう可能性が高くなる。

これを防ぐためには、

企画作成の途中段階で、上司に指導を仰ぐことが大切である。

あえて細部まで完成する前に上司に見せて、

「この部分はどのようにすればよいか、教えていただけますか」

と意見を聞くようにすればよい。

人は皆「教えたがり」な生き物。
「教えてください」は、目上の人に対する殺し文句でもある。

「あなたのアイデアが必要」といわれると喜びを感じる。

上司の「自己重要感」が満たされることになる。

企画書の最終版には、上司のアドバイスをしっかり反映させる。
上司も自分が手を入れたものに対して「NO」を言うのは難しいもの。

上司は指導をした段階で「当事者」になっているのである。

さりげなく上司を巻き込めば、

上司が知らぬ間に「応援せざるを得ない」立場につけることができる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました