test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

人間関係に影響する無意識の心理

集団の中にいると自己防衛意識が強まり、さまざまなバイアスを生む。

職場の人間関係や仕事に影響する無意識の心理は、次のように整理できる。

⦿確証バイアス (Confirmation bias)

自分に都合のいい情報だけに目が向く心理.

事実を自分の都合に合わせて解釈し、考えに合わないことは例外と決めつけてしまう。

一度こうだと決めたことが変えられないので、お互いに歩み寄れなくなる。

⦿ステレオタイプ (Stereotype)

人の属性や特性をもとに、先入観や固定観念で決めつけてしまう心理。

出身校や最終学歴、性別などで相手を見たり、

家事は女性がするものだと思ってしまう。

相手の属性で行動が左右されるので、相手を傷つけたり、判断を誤る。

⦿ハロー効果 (Halo effect)

相手の一部の長所によって、すべてがよく見える心理。

例えば、
高学歴ということで仕事も優秀だと思ってしまったり、

身なりがよいと仕事もデキる人だと感じてしまう。

一部の情報だけで相手の印象が大きく変わるので、

相手の成長機会を損なってしまったり、相手が自身を誇張してしまう。

⦿正常性バイアス (Normalcy bias)

環境変化や危機が迫っても「私は大文夫」と、都合のいいように思い込む心理。

私に限ってそんなことはない、うちの会社は大丈夫と根拠なく思ってしまう。

変化に対応できず、自ら変わろうとしないので、

危機感がなくなり、問題を先送りするようになる。

他責思考に陥り、自分ごとにならない。

他には…

権威バイアス:権威のある人の言うことは間違いないと思ってしまう。

集団同調バイアス:周りと同じように行動してしまう。

無意識の心理がもたらす問題は、「自分には偏見がない」と思うことから発生する。

自身の偏見に気づき、正しい知識を身に付けることが問題を解消する第一歩になる。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました