test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

雑談力を高める3つのコツ

うまく雑談ができれば、相手との関係性はよくなる。

でも、いざ話そうとしてもなかなかうまく話せず、

気まずい空気が流れてしまうことも多いのではないだろうか。

コミュニケーションに苦手意識を持っていると、

うまく話さなければ…

気の利いたことを言わなければ…

と気負いすぎてしまいがちである。

「よい関係になれればいい」

くらいの気持ちで雑談ができれば、よい会話ができるものである。

気負うことなく自然な雑談をするための3つのコツをご紹介する。

1.挨拶に一言加える

「お疲れさまです」

「こんにちは」

など、声をかけるだけでなく、それに加えて、

「今日のネクタイ素敵ですね」
「おっ、新しいメガネですね」

など、相手のワンポイントをほめよう。

人は他人から何かをしてもらったら、お返ししようと思う心理が働く。

挨拶に加えて、一言「ほめ言葉」を入れることで、
相手も一言二言返してくれるはず。

それをきっかけに、雑談を始めればよい。

ほめるものは、身に着けているものなど何でもOK。

ほめるものがない場合は、

「忙しそうですね」

など、相手の状態を話すのもよい。

相手から次の雑談に繋がる返しがもらえれば、人間関係が近くなる。

2.あいづちを打つ

「お・す・し」で相づちを打ってみよう。

お:「おおー」

す:「すごいですね」

し:「知らなかったです」

ただ相づちを打てばよいということではなく、

「あなたの話は役立ちます」

という感謝の姿勢が大切である。

ただ相づちを打っているだけでは、
「ヨイショされて過ぎるな」と思われてしまう。

「あなたの話は役に立ちます」

という感謝の姿勢で相手の話を聴くことが大切である。

3.疑問形を使う

「〇〇なんですか?」

という疑問形を使うことで会話つなげることができる。

「そうなんでね」

など、次につながらない言葉を使ってしまうと話が終わってしまう。

「〇〇なんですか?」

というように、質問でつなげることで、雑談は円滑に続いていくのである。

雑談は、「壁打ちテニス」である。

壁に向かって、自分が打ちやすい球を打つと長く続けられる。

ぜひ参考にしてみてほしい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました