社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

起きたことを受け入れて前向きに考える

発明王トーマス・エジソンという人はとても前向きの人だった。

火事で工場の実験用施設が燃えてしまった。
でも、「これは、もっと良い施設に変えるチャンスだ」と考えた。

電球の試作に1万個失敗しても、
「うまくいかない方法を1万個見つけただけだ」と言った。

同じ体験をしたとき、
前向きであれば、「できる」と考える。
後向きなら、「できない」理由を考える。

結果が違ってくるのは明らかである。
でも、常に前向きに考えるというのはなかなか難しい。

経営コンサルタントの小宮一慶さんは、次のような若い頃の訓練を紹介している。

輪ゴムをいつも左手首に巻いておく。
イライラしたり、後ろ向きの感情が現れたりしたとき、
その輪ゴムを右手で引いて、パチンとやる。
その痛さで、ネガティブな感情を断ち切る。
後向きな気持ちの自分への戒めであり、精神的、時間的な区切りである。

輪ゴムを引こうとするときに、冷静になって客観的に自分を見ることができる。
その時点で気分の切り替えができたという。

人は、前向きのことと後向きのことを同時に考えることはできない。
だから、絶対に後向きに考えない、ということは難しい。

そうならば、後向きの感情が起こったときに、
それをいかに早く終わらせるかが大切だ。

前向きになるというのは、まず、起きていることを素直に受け入れることが大前提である。

起きたことや過去のことは変えられない。

それを批判的に考えずに、素直に受け入れる。
そうすれば、対処するための良い知恵も浮かんでくる。

批判的に考えていては、心も暗くなり、負のスパイラルに陥ってしまう。

自分にとって都合の悪いことを受け入れないということは、
周りの環境を非難しているのと同じ。

自分は悪くないのに、周りが悪いと考えてしまうと、

自分から何かをしよう、
自分のどこかを変えよう、
という気持ちにはなれない。

環境や周りの人が変わることを期待してしまう。

一方、起こったことや環境を受け入れると、
その環境の中で、自分は何ができるのかをできることを探すことになる。

そうすると、対応が前向きになり、新たな展開が始まる。

松下幸之助さんは、逆境と順境の心構えとして、次のように話している。

人生には、逆境と順境が配されている。
逆境も、順境もそれを素直に受け入れ、
逆境のときは卑屈にならず、
順境のときには、うぬぼれず謙虚に学ぶ心を持つことが大切である。

どんなときにも、素直でいることが大切。

起きたことは、まず受け入れ、
その環境の中で、自分ができることを前向きに考えたい。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました