test
社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

資料はたたき台を作って提出する

時間の使い方を少し工夫するだけで、

仕事の成果が上がり、評価アップにつなげることができる。

例えば、資料作りを頼まれた場合、

相手に「たたき台」をできるだけ早く見せる。

この段階では、完成度が低くてもいいと割り切る。

「たたき台」を元に相手の要望を聞いて段階的に仕上げていく。

相手の要望を具体的に聞き出すことができるので、
軌道修正が簡単で、作業の手戻りが発生しにくい。

修正版を見せて、再度要望を聞いて反映していく。

こうした手順を踏めば、

最終的に、相手の期待通りの仕上がりにできる可能性が高い。
さらに、締め切りまでに相手の期待を上回るレベルにすることもできる。

何度もやり取りするのは手間がかかるように思える。

でも、結局は効率がよい。

一方で、資料の完成度を自分の納得がいくレベルまで高めてから、

締め切りギリギリに、いきなり提出するとどうだろうか。

相手の要望を聞かずに資料作りを進めてしまっているから、

でき上がった資料は、相手の要望を満足するレベルになっていない可能性が高い。

時間のムダを徹底的に削る一方で、

かけるべきところにしっかり時間をかける。

メリハリを利かせるための工夫が大切である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました