社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

持続的成長に必要な学習する組織

事業環境の激変に適応する組織をつくるには,
どうすればよいのだろうか。

 

変化に適応した組織をつくるには、「学習能力」が必要である。
組織の学習能力が、持続可能な競争優位や価値創造の源泉となる。

学習する組織とは、
目的に向けて効果的に行動するために、
集団としての意識と能力を継続的に高めて伸ばし続ける組織である。

ピーター・センゲ博士は、著書「学習する組織」で、
学習する組織をつくるためには、3つの力と5つの構成要素を、

バランスよく伸ばす必要である、
と説いている。

 

1.志を育成する力

組織の目的や目的地を明らかにするための必要なものであり、

チームが学習して効果的に行動するための基盤となる力である。

 

●自己マスタリー:
自らのありたい姿を描き、その実現に向けて研鑽を続けることである。

●共有ビジョン:
組織のメンバーが共有して描く未来への憧憬である。
組織で「共有ビジョン」をつくることで、
内発的動機にあふれた集団をつくり出すのである。

2.複雑性を理解する力

直面している複雑な現実がどうなっているか…
どうすればもっと効果的に進めるのか…
といったことを理解する力である。

●システム思考
現実に起こっていることを俯瞰して大局をとらえ、
物事のつながりや全体像を見える化する。
本質を理解して、問題解決や未来創造を目指す。

3.共創的に対話する力

相手の意見を相手の立場になって聴きつつ探求を深め、
自分の内面を見つめて自己を知り、効果的にチーム学習ができる力である。

●メンタル・モデル
個人、チームに存在している無意識の前提(メンタル・モデル)を振り返り、
意識しながら共に前向き、創造的に考える。

●チーム学習
グループで一緒に探求、考察、内省を行うことで、
自分達の意識と能力を共同で高めることである。

この3つの力をバランスよく伸ばすことで成果を出そうとするのが、
「学習する組織」の基本的な考え方である。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました