社員研修のお悩みは

イントランスにお任せ

03-6904-2227

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00  休業日:土、日、祝日

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

ラグビーの番狂わせは世界一のデータ分析から

2015年9月のラグビーワールドカップでは、日本代表が南アフリカに勝利し、
世界をあっと驚かせた。

24年間勝てなかった日本代表が優勝候補を破った主な要因の一つは、
「世界一のデータ分析」である。

日本代表のアナリストとして分析を担当したのは、中島正太氏である。

2012年4月、エディー・ジョーンズ氏をヘッドコーチとする「エディージャパン」が誕生。
エディーが掲げた目標は、世界ランキングを10位以内に引き上げる目標だ。

エディーHCは、ワールドカップまでに世界ランキイングを10位以内に引き上げ、
さらに本番でベスト8にはいる目標を定めた。

これを実現するために、日本独自のラグビースタイル「ジャパンウェイ」を掲げた。
スタッフに対しては「世界で最も準備されたチーム」を目指すこと指示した。

日本代表チームの組織は、エディーHCとアシスタントコーチ4人の体制。
各コーチは試合に向けて対戦相手を分析し、対策を考え、
トレーニングメニューやミーティングのプランを作る。

アナリストである中島氏は、コーチ陣が分析・対策を考える前段階の準備をする。

このように、3年前から、初戦の南アフリカ戦に向けた準備が始まった。 

本番8カ月前になると、各コーチがそれぞれ、考えた分析・対策を絞り込んだ。
最終的にはアナリストとコーチ全員で、チームとしてのゲームプランを考案した。 

準備の段階では、南アフリカ代表のすべての試合映像とキープレーヤーの映像、
世界でラインアウトやキックオフが優れたチームの映像を集めた。

分析の結果、南アフリカ代表は、ラインアウトが非常に強力で、
全トライの50%以上が、ラインアウトを起点としていることがわかった。

日本代表としては、
南アフリカ代表にいかにラインアウトの強みを出させないようにするか、
が重要な戦術となった。

データを見ながら、南アフリカ代表のラインアウトの戦術を分析した。

その上で、
日本代表は何人でラインアウトを構成するのか、
どのエリアでラインアウトを多く獲得できるといいのか、
などの具体的な戦術を考案していった。 

世紀の番狂わせ、奇跡などと言われている日本ラグビーの大金星は、
実は、周到に準備された情報戦での勝利という意味合いも大きい。

ラグビーやサッカーのような複雑なゲームは、
これまで専門家の勘コツでしか分析できなかった。

でも今は、あらゆるデータを詳細に精度よく分析できるツールがある。

日本代表が実行したステップは、私たちがビジネスで競合に勝とうとする時にも、
そのまま使えるシナリオである。

ビジネスにおいても、このような競合に対するデータ・アナリスト的なアプローチは、
必須になるはずだ。

社員研修のお悩みはイントランスにお任せください。
研修企画のご相談、提案、課題の
ヒヤリングは
無料で受け付けております。

営業時間:9:00~17:00    休業日:土、日、祝日

お見積り、各種資料請求、お問い合わせはこちらから受け付けております。

責任者プロフィール
竹村孝宏

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。大阪市立大学商学部卒業、豪州ボンド大学大学院経営学修士課程(MBA)修了。
㈱デンソーで企画、営業、人事、中国上海駐在を経験、「低コストプロジェクト」で社長賞を受賞するなど活躍した後、独立。現場での多くの経験をベースにした実践的コミュニケーション、モチベーションアップを軸としたプログラムを提供している。日経クロステックに連載中。著書は、「仕事が速い人は何をしているのか?ビジネスフレームワーク活用法」(セルバ出版)
「30代リーダーのための聞く技術・伝える技術」(中経出版)等、多数。

研修コラム
イントランスHRMソリューションズ

関連する記事はまだありません。

タイトルとURLをコピーしました